自分の気持ちを取り戻す方法


うつ状態のとき、それ混乱状態と言ってもいいかもしれません。

 

混乱しているというのは、自分の気持ちがわからないということ。

 

自分の気持ちがわからないというのは、気持ちがここにない状態。

 

「心ここにあらず」という状態です。

 

だから、うつ状態の時は、心を落ち着けて、自分の気持ちを感じることが大切になります。

 

自分の気持ちを感じるってどうやって?と思われるかもしれません。

 

方法はいろいろあります。今回はその中のいくつかをご紹介します。

 

①食べ物、飲み物を妥協しないこと。

何が食べたいか?を自分に問いかけたときに、「何でもいいや」という感じ深く考えずに選んだり、テキトーに食事を済ませないことです。

 

自分が何を食べたいのか、何を飲みたいのか、自分の体と対話してみてください。

 

お寿司、ラーメン、うどん、かつ丼、カレー、パン、コーヒー、紅茶、水、

 

「今はラーメンの気分じゃないな~」とかあるはずなんです。自分の体の感覚を感じるというのは非常に大事なことです。

 

そして、今、本当に食べたい物、飲みたい物がわかったら、

 

妥協せずに、それを手に入れてください。

 

例えば、カレーが食べたいと思ったら、

  • 自分で作る
  • 近所のお弁当屋に行く
  • スーパーやコンビニでレトルトのカレーを買う
  • カレー専門のファミレスに行く

選択肢は色々あると思います。

 

その時に、

  • 「自分で作るのは面倒くさいな~」
  • 「ファミレスまで行くのはちょっと遠いしコストも高くなる」
  • 「レトルトのカレーは微妙だしな~」
  • 「匂いが気になるし、カロリーも気になるしな~」

など、あれこれ理由を言って、結局家にある、うどんを食べる!

 

ってゆうことは、

 

絶対にしてはいけない!!ってことです。

 

多少距離があってもファミレスまで食べに行く!

多少手間や時間がかかっても自分で作る!

匂いやカロリーが気になろうが、カレーを食べる!

 

自分の気持ちに正直に行動しよう!

 

そういうことを日常で日々行っていると、自分の気持ちがわかってきます。

自分に軸ができてきます。

 

食事をテキトーに済ますと、その代償として自分の気持ちがわからなくなります。

 

ぜひ毎日の食事を意識してみてください。

 


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ