自分の気持ちがわからない理由~スピリチュアル編~


  • 本音が言えない
  • 言い返せない
  • 人前で緊張して頭が真っ白になってしまう
  • 自分の気持ちがわからない
  • 優柔不断
  • 本当にやりたいことがわからない

これらはカウンセリングでよくあるお悩みです。

例えば、本音が言えないとしたら、必ず原因があるのです。

幼い頃に、本音を言ったときに、バカにされたり、無視されたり、怒られたり、何かしらの辛い体験をしているから本音が言えないということが起こってきます。

そんな経験から、次のような思い込みが自分の中に出来てしまいます。

  • 「どうせ言っても聞いてもらえない」
  • 「どうせ言っても無駄」
  • 「私は自分の意見を言ってはいけない」
  • 「本音を言ったらケンカになる」

このような思い込みによって、本音が言えなくなります。

と、ここまでは、典型的な心理的なメカニズムなんですが、実は、それだけではないんです。

  • 本音が言えない
  • 言い返せない
  • 人前で緊張して頭が真っ白になってしまう
  • 自分の気持ちがわからない
  • 優柔不断
  • 本当にやりたいことがわからない

これって、心理的原因だけでなく、エネルギーの問題がかなりあるんです。

ん?

エネルギー?と思われるかもしれませんが。。。

例えば、結婚相手は親が納得するような相手じゃないとダメかな~って、どこかで思ってたり。これって、自分が選んだ相手じゃなくて、親が判断基準になってるんですよね。

他にも、何か新しいことにチャレンジしたり、何か高額の物を買う時に、親がどう思うかってことが気になったり。

親だけじゃなくて、兄弟と結び付きが強いときには、何かをするときには、いつも姉に相談するとか。

これって、判断基準が自分に無いんですよ。

親や姉が意思決定において、重要な位置づけにあるってことが、おわかりでしょうか?

自分で意識決定してないってことです。

そういうときに、キネシオロジーでエネルギー状態をチェックすると、他人のエネルギーが入り込んでいるんです。それも多いときは70~90%とか。

つまり、身体は自分自身だけれども、エネルギー的には自分自身がほとんどないってことがあんです。

かなり、ぶっ飛んだ話ですけど、キネシオロジーで筋肉が実際に動くと、みなさんご理解していただけます。

よく、憑依とか、誰かの念が付いているみたいなことが言われますが、イメージ的にはそれに近いかもしれないですね。

なので、カウンセリングをする前に、その他人のエネルギーを浄化する必要があります。

部屋でお香やアロマを焚いたり、喚起してみたり、元彼との思い出の品とか捨てて下さいね。

そういったことをしていくことで、自分自身が浄化されるので、カウンセリングで本当はどうしたいのかという目標を作りやすくなります。

まずは自分100 %になりましょう!!


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ