自分の悩みを小さくする秘訣


悩んでいる時、会社で失敗して上司にもの凄く怒られた!そんな日が続いて会社に行きたくない。

この仕事は自分には向いてないんじゃないか。かと言って、他にやりたい仕事もない。

会社を辞めて、転職しようとしても、なかなか厳しい世の中。

何の為に働いているのかわからない。

食べて、寝て、仕事に行く、その繰り返し。何の楽しみもない。

これはある心理療法の一つであります。

自分と悩み、どっちのほうが大きいか。

悩んでいる時は、そこから抜け出す方法がわからない。

悩みの方が大きい状態と言ってもいいかもしれません。

状況に振り回され、感情がコントロールできない。

自分<悩み

この構図であると、どうしようもない、手に負えない状態といえます。

この構図をいかに崩すか。

そこで、こんなワークをして頂きたい。

目を閉じて、自分が大自然の中にいるイメージをします。

海でもいい。山でもいい。

自分の心が落ち着く場所。やわらぐ場所。

その中に自分がいるイメージです。

リラックスして、その場所の匂いや音、感覚など、何となくイメージしてみましょう。

徐々にその自然と一体化してみましょう。

「大自然=私」

という状態です。

大自然になった私から、目の前の落ち込んでいる自分を見てみましょう。

もしかしたら、大自然の中ですから、とっても小さく見えるかもしれません。

落ち込んでいる自分に、何かアドバイスをしてみてください。

どうでしょうか?

大自然から見たら、今の悩みは小さく見えませんか?

このように、視点を変えて、今の状況を俯瞰してみる、ことで悩みの方が小さく見えることがあります。

ぜひ一度試してみて下さい。


何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ