直感を大事にできれば、自信がつく


直感ってどんな感じかわかるでしょうか?

 

たとえば、レストランで次のメニューが出てきたとします。

  1. カレー
  2. ラーメン
  3. ステーキ
  4. 唐揚げ

どれを選びますか?

 

もしかしたら、あなたは

自分の身体に「どれがいい?」

と身体の感覚を確かめるかもしれません。

 

そして、よしこれだ!と、

身体の感覚にピッタリくる物を選ぶのではないでしょうか?

 

何が食べたいかは、既に身体が知っているのです。

それは本当にじっくり丁寧に身体の感覚を確かめることが必要です。

ところが、

  • これはちょっと高いから、
  • カロリーが気になるから、
  • 太ったらどうしよう、

みたいな頭(思考)で考えがちです。

あるいは、

人に勧められたり、逆に「それはやめたほうがいい」などと言われることがあるかもしれません。

 

そう、私たちは感覚よりも思考を優先することがよくあります。

 

これがマズイのです!!

 

なぜなら、感覚よりも思考を優先すると

 

これでいいのかな?

 

と不安になるのです。

 

いいとか悪いとかではなく、自分がそれを欲しいのか欲しくないのか。

 

それをしたいのか、したくないのか。

 

ということが、わからなくなるのです。

 

自分の気持ちがわからなくなるのです。

 

だから、自分に自信がもてない。

 

余計な頭の声を休めて、素直な心の声や感覚に耳を傾けましょう。

 

最初の話に戻りますが。もしあなたがカレーを食べたいのなら

臭いがつくとか、カロリーが高いとか、値段が高いとか、

頭で考えずに、素直にカレーが食べたいという感覚を大事にしましょう。

 

人が何と言おうと、私はカレーが食べたい。だからカレーを注文する。

 

自分の心に素直に従って行動したら、自分に自信がついてきますよ。

 


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ