生きるのに疲れた人の気持ちがラクになる方法とは!?


【動画】生きるのに疲れた時にどうしたらいいか?(12分27秒)

生きるのに疲れた方、こんな症状ではありませんか?

  • 何をしても楽しくない
  • 楽しいことなんて一つもない
  • 何の為に生きているのかわからない
  • 生きている意味がわからない
  • 生きているのが辛い
  • 生きるのに疲れた
  • 何もしたくない
  • 仕事に行きたくない
  • 現実の世界から逃げ出したい
  • 自分なんて生きていても何の価値もない
  • 消えてしまいたい
  • 楽になりたい
  • 死にたい
  • 死んだら楽になるんじゃないか
  • いや、死んでも楽ならない

生きるのに疲れた~僕のケース~

20歳前後の時、僕も生きるのに疲れていました。

当時の僕は、

  • 本音を打ち明けられる人がいなくて
  • どこに居ても一人ぼっちな感覚
  • なぜか満たされない心
  • 家族は親が仲が悪くて居心地は最悪、
  • 仕事ができなくて自己嫌悪、
  • 上司や先輩にはダメなところを指摘されて
  • 自分を否定されるような感覚がありました。
  • 恋愛もうまくいかずに何度も失恋の繰り返し
  • 仕事にやりがいなんて感じなかったし、
  • 今日もまた怒られるのか、
  • 今日もまた仕事がうまくできないのか、

と思うと会社に行きたくなかったし、

家に帰ると家族とケンカばかりで、

家にも帰りたくない。

居場所がありませんでした。

頼れる人もいませんでした。

生きるのに疲れた画像3

生きるのに疲れた僕が、前向きに元気になったきっかけとは!?

あまりの辛さに僕は、自分はおかしいんじゃないかと思い、精神科病院に行きました。

ところが、薬は処方されずに、カウンセリングを勧められました。

そんな流れで、僕はカウンセリングを受けました。

辛い話も沢山カウンセラーさんに聞いてもらえました。

やっぱりまずは辛い気持ちを吐き出すってとっても大事だと思いました。

あんなに丁寧に親身になって話を聞いてもらえた経験は初めてでした。

辛い気持ちに寄り添ってもらえるだけで心強い感覚がありました。

そして、自分の気持ちを受け止めてもらえることで、

自分は自分でいいんだ!と思えるようになりました。

しんどい時は他人の力を借りたことで助けられました。

生きるのに疲れた!という叫び

人生は苦しみしかない!

親は何もわかってくれないし、

何を言っても否定される。

仕事では気を使い、

また怒られるんじゃないかとビクビクしながら、

嫌われないようにしたり。

周囲は友達同士、恋人同士で

楽しそうにしているのに、

自分はうまくいかない。

仕事にやりがいを感じないけど、

生活の為に働かないといけない。

  • 働くことが嫌
  • 人が嫌
  • 親が嫌
  • 自分が嫌

死にたいけど、死ねない。

いや、本当の本当の気持ちは

できるなら、死にたくない。

できるなら、もっと楽にいきたい。

でも、生きていることが辛すぎる。

この八方ふさがりな状態で、

身動きが取れない状態で、

どうしたらいいか。

どう生きるか。

何の為に生きるのか?

全てが嫌になったとき、

何の為に生きているのかわからなくなってくるんですよね。

だから、何の為に生きるのか

その意味を見出したくなる!

だけど、それは

いくら探しても見つからないのです!

なぜかというと、

ストレスが減り、心が軽くなって自分らしく生きて、

楽しんで打ち込めるものが見つかった時に、

初めて、

「私がこの人生で果たすべきことは、これだ」

「人生において、これが私の役割なんだ!」

というものを見出せるからです。

何の為に生きているのか、

それは自分が意味づけるものであって、

どこかに答えがあるわけではないんですよね。

だから今の段階でいくら探しても見つからないんです。

※それよりも大事なことがあります。

何の為に生きているかを考えるよりも、

「自分らしく生きること」

まずはこれを目標にしたほうがいいです!!

周囲に圧倒されたり、

気を使って窮屈に生きるのではなく

自分らしく生きることを目標にするべきなのです。

生きるのに疲れたというとき、

残念ながら気持ちが楽になる特効薬のようなものはない。

自分が自分らしく生きることができた時、

気持ちが楽になっているものです。

カウンセリング大阪16

生きるのに疲れた人の共通点

生きるのに疲れる人の共通点について

カウンセリングの現場から見えてくるものは、次のことです。

1、子どもの頃、親に何を言っても否定された経験

生きるのに疲れている人は、

自覚があるかどうかは別にして、

昔から疲れていることが多いです。

それは、両親の仲が悪い

あるいは親子関係が悪いから、

家の中がリラックスする場所ではなく、

ストレスな場所であったからです。

家の中で、緊張した状態が毎日

続いていたとしたら、生きるエネルギーが低下します。

そして、親から怒られてばかりの中で育つと、

自分に自信がなくなるし、

相手の機嫌を気にしてしまうという癖がついてしまいます。

常にストレス状態で、心が満たされないまま育ちます。

生きるのに疲れている人の大きな原因は、

幼少期の親子関係にあると言えます。

2、親に言いたいことが言えなかった

子どもの頃、親が自分のことで必死だったとか、

私の言うことを全然聞いてもらえなかったとか、

ヒステリックで理不尽に怒られるとか、

そんな環境で育つと、言いたいことが言えません。

親に心を開けなかった人は、大人になっても、

他人に受け入れてもらえるかどうか、

相手の反応が気になって、

他人に心を開くことが難しいのです。

だから、人間関係で緊張する。

他人に気を遣うことにエネルギーを使っているので、「今ここ」での物事を楽しめないんです。

楽しもうにも楽しめない。

生きるのに疲れた画像4

生きるのに疲れた時にするべき5つのこと

エネルギーの使い方が間違っています。

愛されずに育っているから、

愛してもらう為にエネルギーを

使っているから、生きるのに疲れます。

なので、他人に認められようとせず、

自分で自分の心を満たすことに

エネルギーを注ぐべきなのです。

1、五感を使う

生きるのに疲れたという人は、五感が鈍っています。

自分自身を取り戻す第一歩として、

五感を刺激するということになります。

疲れた自分を五感を通して癒してあげることです。

自然に触れることで、人は癒されます。

  • どこか自然のある場所に出かけて、
  • 何も考えずに、
  • 太陽の光の暖かさや、
  • 風が肌に当たる心地よさを感じたり、
  • 川のせせらぎに耳を澄ましたり、
  • 自然の美しさを見て楽しんだり、

ということが必要です。

自然の中でボーっとする。

これは本当にオススメです。

ぜひ行ってみてください。

2、誰が自分の味方かを見極めて、自分を攻撃する人から好かれようとしない。

生きるのに疲れるのは、

人間関係で気を使いすぎているからです。

だから、誰が自分の味方で、

誰が敵なのかをハッキリ見極めること。

自分を攻撃する人に好かれる努力をしない。

人間関係はえこひいきしてもいいのです。

好き嫌いはハッキリさせたほうがいい。

自分を責める人に好かれようとする努力は、無駄な努力です。

嫌われてもいいという覚悟があれば、

人間関係が随分楽になります。

本当に自分のことを大切に思ってくれる人は

誰なのかということをハッキリ見極めることが大事です。

自分のことを大切に思ってくれる人ってどんな人か。

それは、本音を言っても、嫌われないという安心感がある人です。

3、「よく頑張って生きている」と何度も自分に言い聞かせる

愛されずに育ったということは、

今さら変えられないことなので、

誰かに愛してもらおうと努力するのではなく、

自分で自分を愛しぬくことが必要になってきます。

ここまでよく頑張って生きてきた自分を

何度もねぎらって褒めてあげて欲しい。

ここまで努力して生きてきた自分を思い切り褒めてあげてください。

4、悩みを書き出す

悩みを抱えているというのは、

非常につらいので、

とにかく吐き出すことが必要です。

誰かに話すということも有効ですが、

悩みを書き出すというのも有効です。

何を書き出していいかわからない場合は、

今の辛い気持ち、生きるのに疲れたという気持ちを一言でいいので書き出すことです。

それを続けていると、自然ともっと書きたいという気持ちになるかもしれません。

最初は一言でいいので書き出してみてください。

5、専門家カウンセラーに相談する

これが一番、手っ取り早いですね。

自分ひとりであれこれ取り組むよりも

心の専門家カウンセラーに頼った方が、

圧倒的に短期間で悩みを解決できます。

上で挙げた原因というのは、あくまで一般的な話。

カウンセリングによって個別具体的に原因を見つけることができます。

さらに、まず何から取り組んだらいいのかということまで、

サポートがあるので、最短距離で悩みが解決します。

カウンセリング風景2

「生きるのに疲れた」という悩みは抜け出せる!

多くの人が悩みから抜け出せないと思い込んでいます。疲れないような心と身体に変えればいい。

抜け出す方法を知らないだけ。

では、カウンセリングやセラピーで、どのようにして「生きるのに疲れた」状態から抜け出すのか、そのプロセスをご紹介します。

①生きるのに疲れている時は、混乱状態で、とにかく気持ちがしんどい。

②まずは気持ちを吐き出す。悩みを整理する。

③心を落ち着かせて、悩みから離れる。

④ダメな自分、できない自分を許せるようになる。

⑤現実は変わらなくても、悩みがどうでもよくなる。
「できないことはできない。仕方ない」と思えるようになる。

⑥冷静に客観的に落ち着いて、具体的な対応策が考えらるようになる。

⑦1つずつ悩みを解決し、「生きるのに疲れた」状態から抜け出している

「生きるのに疲れた」から克服

カウンセリングで「生きるのに疲れた」状態から抜け出した方の<ご感想>

今回のカウンセリングは、
原因がわかり、とても良かったです。

母のことを考えると
すぐに泣いていましたが、泣かずに、
母としっかり向かい合えるようになりました。

ヨガに通い始め、心身ともにリフレッシュできるよう、好きなテニスも始めることにしました。

一歩踏み出すことができ、とっても嬉しいです。
大城様のカウンセリングのおかげだと思っています。

お世話になりました。
ありがとうございましたm(._.)m

生きるのに疲れた時は、自分にOKを出すこと

  • 仕事で失敗した自分もOK
  • 結婚していない自分もOK
  • 恋人がいない自分もOK
  • 何の役に立っていない自分もOK
  • 何もしていない自分もOK
  • お金を稼げない自分もOK
  • 落ち込んでしまう自分もOK

自分で自分にOKを出すところから始めてみませんか?

誰が何と言おうと、自分は自分の味方であること。

そしたら、少しは楽になるんじゃないかな。

生きるのに疲れた方へのメッセージ

人生は楽しい!!

今はただ、それに気づいていないだけ!

だから、諦めないで!!

気づいて欲しいことは、

楽しいことがないのではなくて、

楽しむ力が落ちているだけ。

僕は、一時は人生諦めかけたけど、

それでも諦めずに進み続けて良かったと心から思ってます!!

一人でどうにもできないで、

身動きが取れないなら、

どうか専門家を頼ってください。

あなたが「生きるのに疲れた」状態から抜け出せると、信じています!

何がしたいかわからない画像4

生きるのに疲れた人の心が軽くなる心理カウンセリング

生きるのに疲れた人の心が軽くなる心理カウンセリングの詳細

11月末までの特別キャンペーン!【残2名

初回体験カウンセリング

150分 20000円 ⇒ 6000

生きるのに疲れた人のカウンセリングお申し込み

生きるのに疲れた人がラクに生きる7日間の無料メール講座


生きるのに疲れた人がラクに生きる7日間メール講座

  • 自分らしくラクに生きたい方
  • 仕事も恋愛も、何もかもうまくいかない方
  • 気を使いすぎて、人間関係に疲れた方
  • 本音が言えない方

 

【生きるのに疲れた人がラクに生きる7日間メール講座】

<内容のご紹介>

DAY1 生きるのに疲れた人がラクに生きる全体像

DAY2 気持ちをラクにする為のワーク

DAY3 現状の自分を知るワーク

DAY4 絶望の人生が好転した、奇跡のストーリー

DAY5 自分らしく生きれない根本原因を見つける究極の質問

DAY6 本当にラクに生きる為に、やるべき2つのこと

DAY7 セラピーで変わる人、変わらない人

 

生きるのに疲れた人の心がラクになる

7日間講座

メールアドレス

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ