家事や仕事を「やらされている」という不本意な感覚はありませんか?


自分で納得して決める・選択する、という習慣がない人は、何をするにしても、「やらされている」という感覚になるのです。

  • 遊ぶな
  • 勝手に行動するな
  • 意見を言うな
  • 早くしろ
  • 完璧にしろ
  • ダラダラするな

こういうメッセージを与えられて育つと自分で決めるということができないんですよね。

まぁ、無理もないです。

だから、家事にしても仕事にしても、「自分が楽しくてやる」というよりも、「人から責められない為に頑張る」んです。

行動は同じでも、心理的負担は全然違うのです。

本当は仕事も家事も、やりたくない。だけど、やらざるを得ない。不本意だけど、やっているという状態。

常に心に葛藤がある。

自分は我慢してやっているのに、それに対して、批判されたり責されたりすると、相手に怒りを感じる。

でもその怒りを表現できない。

それがいつか爆発するか、うつになるかのどちらか。

だから、最初に挙げた、自分に制限を掛けている信念を変えていくことが必要なのです。

そして、

  • 自分の意思で選んで納得して決断すること。
  • 自分の気持ちを大事にして、心の声を無視しない
  • 自分の思っていることを言うこと

そういうことをしていくことで、

「不本意ながら、やらされている」という心の葛藤を解消していくのです。


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ