相手に圧倒される時


  • 親が支配的で感情的でどうしようもない
  • 職場の上司が口うるさくて、怒られる
  • 職場でパワハラやセクハラに遭っている

 

こういう場合、まともに話し合っても相手が変わらない可能性が高いです。

 

では、そのような場合にどうするか。

 

対策は3つ

 

  1. 第三者を巻き込む

  2. 対象との接触回数を減らす

  3. 環境を変える

 

第三者を巻き込む

上司が感情的なら、

  • 同僚に相談する、
  • 別の部署の人に相談する、
  • さらに上の上司に相談する、
  • 家族に相談する、

などして、一対一で対応しないことです。

一対一で話し合うと、どうしても力関係で負けてしまうからです。

ですので、第三者に相談したり、第三者に一緒にその場に立ち会ってもらうことで、客観的に話し合ったほうが良いです。

 

対象との接触回数を減らす

ストレスとなる上司や同僚などがいる場合、配置転換や席替えなどの調整をしてもらう等して、彼らとの接触回数、接触時間を減らすことが役立ちます。

あまりにもストレスがひどい場合は、勤務日数や勤務時間を減らすということ一つの選択肢としてはあると思います。

 

環境を変える

上の対象との接触回数を減らすことにも通じますが、

例えば、

  • 転職する
  • 一人暮らしをする
  • パートナーと別れる
  • 実家に戻る

等々、どうしても現状がとてもつらい場合は、今いる環境を変えることも必要になってくるかもしれません。

 

カウンセリングというと、自分の心の内面だけを扱うようなイメージですが、今身を置いている環境に働きかけることもあります。

それは自分の内面を変えるよりも、環境に問題があるケースです。

 

ご参考になさってみてください。

 


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ