心を落ち着かせるマインドフルネス


近年、うつ病に効果的とされている認知行動療法の一つに、マインドフルネスというテクニックがありますので、その一部をご紹介いたします。

 

うつ病など気持ちが落ち込んでいるときに何もする気にならないし、出かけたくないし、人と会いたくないし、とりあえず寝るしかないっていう時でも、ちょっとの工夫で心を落ち着かせることができます。

 

うつ状態では何がしたいかわからない、というよりも、何もしたくない、という状態かもしれません。

生きるエネルギーが低下している状態ですね。この状態のときは、休むのが一番です。

 

言い換えるなら、心を休めるということです。

  • 仕事ができない自分が嫌になる
  • 上司や同僚との関わりがイヤだ
  • 誰も相談に乗ってくれるような人がいない
  • この先、どうしよう。
  • 別にやりたい仕事でもないし。
  • でも他に仕事もないし、生活の為に働かないといけない。
  • 人生ってこんなにつらいものなのかな。
  • もっと生きがいを持って元気に過ごしたい
  • 幸せそうにしている人らがうらやましい

色々頭の中で考えると思います。でも、今は一旦その思考をストップしてください。

その考えが、うつをひどくさせているからです。

 

では、どうやってストップさせるかです。

 

まず心地よい癒しやヒーリングの音楽を聴きます。そして、ロウソクの灯をただぼんやり眺めてください。これだけです。

 

何も考えずに、だたロウソクの灯を眺めてください。これはマインドフルネスといって、あれこれ考えてしまう思考をストップさせて、今起こっていることに集中するワークです。

 

灯の動きをただぼんやりと見て、音楽をただ聴く。できるなら、深い呼吸をしましょう。大きく吸って、吐く息を長く細く、吐き出します。身体の感覚に注意を向けます。

 

これは、自分自身の感覚を取り戻すことにも役立ちます。

 

思い悩む時って、自分で自分を責めてしまったり、他人の目が気になったりします。それを一旦横に置いて、自分の感覚をただ感じてみる。本当にうつ病で本当にしんどいときは、ぜひ、試してみてください。

 

心を落ち着かせることが、まず先決です。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ