わがままを言うことが許されない人たち


  • 人が怖い
  • 自分を出せない
  • 他人の目が気になる
  • 視線を合わせられない
  • 自信がない
  • 本音を言えない

こういった方のお悩みをよくよく聴いてみると、

過去に原因がありました。

人が怖い、本音が言えないって、

いつからですか?

ってことです。

急に、本音が言えないってことは、ないはずです!

中学や高校からと言う人もいます。

もの心ついた時には、そうでした。と、覚えてない人もいます。

で、さらに詳しく聞いてきます。

幼稚園や小学校の頃、お母さんに対して怖いとか、怒られた記憶ってありますか?

と、聞くと多くの人がこのように答えます。

  • 母はとても厳しかった
  • 母に何を言っても否定された
  • 母はヒステリックで、いつ怒るかわからなかった
  • 母には反抗できなかった
  • 母は自分のことで必死で、母に本音を話せなかった
  • 母はとても心配性で過保護だった
  • 両親が毎日ケンカして、自分の話を両親にした記憶がない

はい、子どもの頃、家庭内で本音を言えなかったという人が圧倒的に多いのです。

子どもの頃から「本音が言えない」という癖がついているのです。

いつの間にか、知らず知らずのうちに、

「私はわがままを言ってはいけないんだ!」

と、無意識に思い込んでしまったまま生きてきたのです。

だから、問題は会社の上司や先輩、恋愛相手との関係ではないんです。

  • 会社で上司と話す時に緊張します。
  • 電話対応が緊張します。
  • 好きな人と話す時に頭が真っ白になります。

そういうことは、あくまで表面的な問題。

悩みの本質は、あなたの生き方を変えることです。

そのことに気がついたら、

じゃあ、これからどう生きたいですか?

ということを、考えて、生き方の軌道修正をする必要があります。

多くの人が次のような目標を作られることが多いです。

  • 安心して
  • ラクに
  • 自然体で
  • ありのままで
  • 自由に
  • 相手を信頼して
  • 自分を信頼して
  • 堂々と
  • 自信を持って
  • 本音を言います
  • 言いたいことを言います
  • 素直に思ったことを伝えます

「安心して堂々と言いたいことを言う」みたいな自分になれたら良くないですか?

まずは自分がどこを目指しているのか?

あなたの目指すべきゴールを明確にします!

あなたの言葉で作った目標じゃないと意味がない。

僕が作った目標では、目標に向かって進むエネルギーが沸いてこないんです!

そして、目標を立てたら、その目標を実現するための行動をしていく必要があります。

目標は立てただけでは、あまり意味がないので、実際に行動を起こしていくことで、これまで染み付いた癖を修正していくことが出来ます。

プロカウンセラーと二人三脚に、生き方の軌道修正していきたい方、詳しくは下記のカウンセリングの詳細をご覧ください。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ