断れずに良い顔してしまう癖をやめたい人へ


断れずに良い顔してしまう

これ本当によくある。かなり多くの人がやってるんじゃないですか!?

その場では、「いいよ」「大丈夫です」って言いながら、後で相手に腹を立ててるってこと。あるいは、自分を責めたり。

しかも、それが継続的に続くと、ストレスも続く。

相手が何か嫌なことをしてきたり、何か仕事の依頼をしてきたりするのが問題なのかもしれません。しかし、もっと問題なことは、あなたが断れないことです。

断れずに後で後悔するなら、その場で断ったほうがいい

断らないことによるメリット

  • 相手と波風立てずに、やり過ごせる
  • 良い人と思われるかもしれない

断らないことによるデメリット

  • 断らないことで、自分で決断できない
  • 断らないことで、自分がどうしたいのかわからなくなる
  • 自分に対して自信がなくなる
  • ストレスを引きずる
  • イライラしたり、落ち込んだりする

すべての悩みは断れずに、言いたいことが言えていないことにあると言っても過言ではないです。

断れないというおとは、相手が中心に物事が動いていて、自分自身をどんどん無くしていくのです。断れないということは、それだけ問題なのです。

断ったらどうなるのか?

断れない人は独特の思い込みを持っています。

それは次のようなことです。

  • 断ったら、相手が傷つき、悲しむ
  • 断ったら、ダメだ
  • 断ったら、嫌われる
  • 断ったら、申し訳ない
  • 断ったら、相手との関係が悪くなる
  • 断ったら、相手との関係が終わる
  • 断ったら、いじめられる
  • 断ったら、怒られる

本当に断ってはいけないのか?

上で挙げたのは、実はすべて思い込みであって、事実ではないんです。

過去に、断った時に、辛い経験をしたら、同じ辛い感情を味わいたくないので、その後も断るシチュエーションにおいて、断れなくなります。

私たちは、自分で作り上げた思い込みに怖れているのです。

ぜひ一度、断った時にどうなるのか。実験してみてください。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ