恋愛がうまくいかない5つの理由


恋愛がうまくいかない理由を挙げてみます。

 

恋愛は一人でするものではありませんよね。

 

相手が居てこそ恋愛ができるというもの。

 

ということは、恋愛がうまくいかないのは、自分側の要因と相手側の要因、両方があると言えます。

 

そこで、恋愛がうまくいかない理由を挙げてみます。

 

  1. そもそも恋人として選ぶ相手を間違えている
  2. 自分がどんな相手と、どんな関係を築きたいのかがわからない
  3. 自己肯定感が低い
  4. 本音が言えない
  5. 意識が「今ここ」にない

 

1、そもそも恋人として選ぶ相手を間違えている

幸せはどんな相手と関わるかで決まります。

自己中心的な人を選んでいたり、そっけない人を選んでいたり。

これは相手側の問題でもあり、そういう人を選んでいる自分側の問題でもあります。

では、次の項目以降で自分側の問題とは何かについて述べたいと思います。

2、自分がどんな相手と、どんな関係を築きたいのかがわからない

特に感情で突っ走ってしまうと、「好き」という感情や、情が芽生えたり、寂しさを埋める為の恋愛をしてしまいがちです。

そうなると、自分が本当に望んでいる相手、自分が本当に望んでいる関係がわからなくなります。

目指すべき方向がわからないので、どこに向かっているのか迷子になっているような状態とも言えるかもしれません。

多くの人が、直感で恋愛をしたり、妥協した恋愛をしているので、うまくいかない。

直感でビビっと来た!なんていうのは、あまり良いとは言えません。ストレスが多い状態の自分の直感は当てにならないからです。

3、自己肯定感が低い

自己肯定感とは、自分のことをどれだけ肯定しているかという感覚のことです。

  • 「私は大切にされるべき存在だし、重要な存在だ」
  • 「私は女性として魅力的な存在だ」
  • 「私は自由に行動したり、欲しいものを欲しいと言ってもいいんだ」
  • 「私は他の誰が何と言おうと、自分のことが好き」

このように自分で自分のことを大切に思えていると、相手が自分のことを大切にしてくれているかが、感覚としてわかります。

でも、自己肯定感が低いと、相手の人が本当に私のことを大切に扱っているかがわからないのです。

だから、相手選びで失敗して、苦労するのです。

4、本音が言えない

本音が言えないと、コミュニケーションのやり取りがスムーズに行えない為に、「我慢する」機会が増えます。

すると、不満や不安が増大し、ストレスを抱えて思い悩むことに繋がります。

すべての心の悩みの原因は「本音が言えない」ことにあると言っても過言ではありません。

本音が言える自分になることと、本音を言った時に正面から向き合ってくれる相手を選ぶことが大事ですね。

5、意識が「今ここ」にない

  • 彼が何をしているか不安になる、
  • 彼が私のことをどう思っているか不安になる、
  • 愛されているのか不安になる
  • 1人でいると寂しくなる
  • 元彼と比べてしまう
  • 友達の恋愛と自分の恋愛を比較してしまう

これって全部、意識が「今ここ」にない状態なんです。

頭であれこれ考えて、気持ちがしんどくなる時は、「今、自分が何をしたいか」それをいつも自分の身体に問いかけてみてください。

「食べたいのか、飲みたいのか、寝たいのか、お風呂に入りたいのか、音楽を聴きたいのか、ゲームをしたいのか、運動したいのか、雑誌や漫画を見たいのか」

ただ目の前のことだけに集中することが大事です。

恋愛がうまくいく時の状態

  • 自分が相手とどんな関係を築きたいのかが明確になっている
  • 私は自分のことが好きで、ありのままの自分でいいと思える
  • 相手の人とお互い本音で話ができる
  • 1人でいるときも、目の前のことに集中して心が満たされる

このような状態だと、恋愛でうまくいくと言っていいでしょう。

おそらく、一人でこれらを実現していくのは難しいと思いますので、必要であればカウンセリングを受けてみて下さい。

 


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ