人は感動したい


何の為に生きてるのか?

感動したいんじゃないかな?

楽しいことをしたい

音楽を作るもよし

音楽を聴いて楽しむのもいい

誰かと一緒に聴いて楽しむのもいい

料理を作るのもいい

料理を食べるのもいい

誰かに教えるのもいい

教えた人が喜んでくれる

旅行に行くのもいい

自然に触れるのもいい

太陽の下で暖かい陽射しを浴びるのもいい

身体を動かすのもいい

じゃあ、なんで僕はカウンセリングをしているのか?

やっぱり僕にとっては、カウンセリングは楽しいから!

クライアントさんが自分でも気づかなかったことに気づいて

元気が出る。喜んでくれる。

笑顔で感謝される。

母親は過干渉で口うるさい人だった。

だから、僕は話を聴くのは普通だった。

人の顔色を伺うのもいつの間にかクセになってた。

そのおかげと言ってもいいと思うけど、

今こうやってカウンセラーとしてなれたんだろうなと思う。

カウンセリングでも感動したいし、

それ以外の場面でも

プライベートでも沢山


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

感動をしたいと思う。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ