固定概念を崩すのがカウンセリングの仕事です


カウンセリングで何をしてるかと言うと、

色々ありますが、たぶん一番の腕の見せ所は、

その人の固定概念をいかに崩すか

ということではないかなと思います。

 

 

みなさん自分で作り上げた固定概念を持っています。

そして、それによって苦しむことがほとんど。

 

例えば

  • 自分は大したことない
  • 男性を信用できない
  • みんなから好かれたい
  • どうせ言ってもムダ
  • 本音を言ったら相手を傷つける
  • 人と話すときは、相手の目を見ないといけない

挙げれば無数にあると言ってもいいと思いますが。

他人から見たら、

「それって本当?そんなことないんじゃないの?」

 

っていうことでも、

本人はそのことを信じて疑わず、

それによって悩み苦しんでいるのです。

 

だから、

「そんなことないんじゃないの?」

 

っていうことを、あの手この手の質問をしたりして、

固定概念を崩していくわけです。

 

そこを崩さないと、何も変わらないですからね。

みんなに好かれたい、だから、疲れるんです。。。

という人に、そうなんですね。。。。

聞いてるだけじゃ、変わらないんですよ。

 

みんなから好かれたいと思っている人が、

「別にみんなから好かれなくてもいいや」

って思えるようになったら、

人付き合いで余計なエネルギーを使わなくて済むわけですから、

もっと楽に過ごせるようになります。

 

無理して話の話題を考えたり、話を振ったりする必要がなくなるので。

 

考えが変わったら、行動も変わります。

そしたら、気分も変わります。

 

だから、僕は話を聞いていて

「ん?その考えだと、しんどいだろうなぁ~」

ということに、他の人よりも敏感にキャッチします。

 

そして、固定概念って自分じゃ気づかないんですよね。

 

自分のどんな固定概念が、自分をしんどくさせているのか、

知りたい方はカウンセリングへどうぞ!!

 


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ