人間不信のカウンセリング


人の心の悩みって、大きく2つに分かれると思っています。

 

①自分を責めるタイプ

②他人を責めるタイプ

 

もちろん、どんな人でも両方の要素を持っていると思いますが、程度の問題ですね。

 

特に難しいと感じるのは、他人を責めるタイプの人のカウンセリングです。

 

なぜ難しいかというと、

 

カウンセラーを信じられないからです。

 

カウンセラーを信じられないと、何が問題かというと。

 

他人を攻撃することにベクトルが向いているし、

そこにエネルギーを使うので、

自分自身の問題や課題に向き合いにくいのです。

 

カウンセリングは結局自分を見つめて、

自分を変えていく作業なので。

 

人間が嫌い、人が信じられない人は

 

どれだけ自分を変えようとする意思があるかどうか。

 

ここがポイントになってきます。

 

人が信じられないという人でも、

自分を変えることで悩みを克服したいと思えるならば、

どんどん変わっていきますね。

 


大阪のうつ病カウンセリング

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ