自分に自信を持つ方法

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


自分に自信が持てなくてお困りではありませんか?

  • 意見を言えない
  • 他人の目が気になる
  • 断られるのが怖い
  • すぐに謝ってしまう
  • 人前で緊張してしまう
  • 悪く思われているんじゃないかと不安になる

自分に自信を持つ方法1

自分に自信がない人の7つの特徴

①楽しいという気持ちがわからない

自信がないということは、自分のやっていることが、良いのか悪いのか判断できずに、不安な状態が続きます。他人の目が気になって、緊張した状態が続きます。

そうすると、常にストレス状態ですので、本当の自分の気持ちがわからなくなってきます。自分の感情に鈍感になってきます。だから何が楽しいのかわからなくなります。

新しく何かを始めても、楽しいと感じないのです。何となく生きているという状態になりやすいと言えます。

②相手に合わせて我慢してしまう

自分の考えや意見に自信がないと、相手に合わせてしまいがちです。相手に合わせて我慢している方が、楽だからです。我慢していると、嫌われることも少ないし、言い争いになることも少ないからです。

③自己評価が低い

自信がない人の特徴として、自分なんて大した人間ではない、自分の代わりはいくらでもいる、自分は価値のない存在、自分は役に立たない存在と考えてしまいがちです。

自分で自分を責めると言うのも一つの特徴です。

④他人を信用できない

自分に自信がないのは、過去に自信を無くすような出来事があったからです。それは他人との間で、自信をなくすような経験をしているはずです。

したがって、自分に自信がない人は、他人を信用するのが難しいのです。

⑤将来に悲観的

自分に自信がない、他人を信用できない、となると、将来にもあまり希望を抱けない傾向になりがちです。

⑥愛されている感覚がない

本来、自分は愛されている感覚があれば自信は持てる。自分で自分を愛する感覚。他人から愛されているという感覚。このどちらも欠けるので、どこか落ち着かず、常に満たされない感覚になりがちです。

⑦傷つくのが怖い

愛されている感覚、認められている感覚がないので、他人からのちょっとした言動に敏感になり、傷つきやすい。自己肯定感が低いと、傷つきやすいのです。

自分に自信を持つ方法2

そもそも自信が持ててる状態ってどういうこと?

<例えばこういうこと>

・私は私でいいんだと思える

・私はここに居ていいんだと思える

・私は自由に表現できる

・言いたいことが素直に言える

 

自分に自信を持つ為に、特効薬はない

「どうやったら自分に自信が持てますか?」という質問をされることがあります。結論から言うと、自分に自信を持つ為の特効薬はないです。

どうしても、みんな即効性のあるものを求めてしまいますが、そんな簡単な話ではないのです。

それは、「どうやったら体力や筋力がつきますか?」と言う質問と同じようなものです。当たり前ですが、トレーニングを続けないと体力や筋力はつきません。

これをしたら、一日で筋肉がつくというようなものはないはずです。もちろん、効果的なトレーニング方法あると思います。

自分に自信を持つというのも、トレーニングと同じです。日々の課題に取り組んでいくことが必要です。今まで人に対して本音を言えなかた人が、本音を言えるようになるには、それなりのステップを踏んでいく必要があります。

今まで他人を信用できなかった人が、他人を信用できるようになる為には、それなりステップを踏んでいくことが必要です。

間違った「自信の持ち方」

資格や肩書きを目指す

資格や肩書きも役に立つのですが、根本的な自信にはつながりません。資格や肩書きを手に入れたときにわかります。自分に自信を持つというのは、目に見えるような形で表すのではなく、自分で自分を認めることなので、形として表すものとは違います。

外見だけを磨く

特に女性は、ダイエット、メイク、ファッション、ブランドのバッグなど外見をキレイに見せようと努力する傾向があります。

もちろん、外見を磨くことを否定はしません、むしろ推奨します。

※ただし!

いくら外見を磨いても、その自信とは誰かに勝つことによる優越感であったり、誰かに愛される為の努力である場合、自分自身に対する自信とは違います。

仕事での成功を目指す

特に男性は、仕事での成功すれば自信がつくと思われるかもしれません。売上や規模を拡大させたりといったことは、周りからは賞賛されたとしても、自信がなければ本人がそれを「受け取れない」ということが起こってきます。

自分に自信を持つ方法3

自分に自信を持つことができない原因

そもそも、なぜ自分に自信が持てないのでしょうか?

それは、過去に自信を無くすような経験をしているからです。人は褒められて認められて育ては、自然と自信は持てます。

逆に、褒められたことがないとか、褒められるどころか、怒られてばかりの中で育つと、自分に自信を持つことができません。

親が怖かった、両親の仲が悪くて甘えられなかった、と言う人は、自分に自信を持ちにくいようです。

では、どのようにすれば自分に自信を持つことができるのでしょうか?褒められずに怒られてばかりの中で育った過去は変えることはできませんが、過去は過去の事として、これから自信を持つことは可能です。

自分に自信を持つ方法6

自分に自信を持つ為の3ステップ

1、本音を言う

自信がない人は、思ったことを言えないのです。言いたいこと、思ったことを素直に言えるようになることで、自分に自信を持つことが出来ます。

2、五感を磨く

自信がない人は、ストレスが慢性化して、感性が鈍くなっているので、五感を磨いて癒されることです。特に自然に触れることで、癒され自分自身の感覚や感情を取り戻していくことが必要です。

3、マイナス思考を取り除いていく

「私なんて価値がない、役に立たない、大した人間じゃない」というマイナス思考を変えていく必要があります。これらは思い込みでしかないので、変えていくことができます。

自分に自信を持つ方法7

自分に自信を持つ為に、なぜカウンセリングが有効か!?

何が課題かが明確にわかる

自分に自信を持つ為に「本音を言う」「五感を磨く」「マイナス思考を取り除く」この3つが必要です。ところが、まずどれから取り組んだら良いのか、その順序は人それぞれ。

「本音を言う」「五感を磨く」「マイナス思考を取り除く」と言っても、具体的に何をすれば良いのか、個別具体的に一人ひとり課題が違うので、カウンセリングで詳細をみていく必要があります。

二人三脚でサポートが出来る

自信をつけるのに、特効薬はありません。課題を一つずつこなしていくことで自分に自信が持てるようになります。ということは、ある程度の期間は集中して取り組む必要があります。

一人だと何をしたらいいかわからないし、モチベーションが続かないのです。だからこそ、カウンセラーが一緒に伴走することで無理なく自信を持つことができます。

自分に自信を持つ方法8

自分に自信を持つと人生が変わる

自分に自信が持てるようになると、次のように人生変わります。

  • ストレスが大幅に減り、本当に楽しいことや、やりたいことにエネルギーを注ぐことが出来る。
  • 今まで楽しいことなんて何もなかったのが、楽しいことがいくらでも出てくる。
  • 「人生は辛いものだ」と思っていたが、「人生は楽しいものだ」という考えに変わる。
  • 言いたいことが言えて、五感で物事を楽しめ、ポジティブに考えられる。
  • 苦手な人間関係が、楽しい人間関係になる。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

カウンセリングの詳細はこちらへ

「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

0148自分のやりたいこと2

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ