悩みを相談する人がいない、とお困りの方へ

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


 

相談する人がいないのは、うつ予備軍

どんな人でも、共通して言えることですが、悩みを相談できる人がいるか、いないか、ということは私たちの健康にとって非常に大きいことです。

最も効果的なストレス発散方法といわれているのが、誰かに悩みを聴いてもらうことです。愚痴るとか、一昔前は井戸端会議なんていわれていたことです。

サラリーマンなら仕事帰りに同僚らと一杯飲みながら、会社の愚痴を言い合い、また明日も頑張ろうと言っていた時代は、それがストレス発散になっていたでしょう。

ところが、それは一昔前の話で、現代社会では、そういう愚痴を言い合う関係も薄れてきて、学生時代の友達ともお互いのライフスタイルの変化から、疎遠になったり。

仕事で会社と家との往復では、プライベートなことを話せる人がいないということも珍しくないようです。

カウンセリングの相談に来られる方のほとんどは、相談できる人がいないと言います。

つまり、相談する人がいないと心の健康に良くないです。息抜きは絶対必要です!

相談する人がいない

本当に相談する人がいないのか。

ここで注意しておくことは、相談する人が『本当に全くいない』のか。あるいは話は聴いてくれそうな人はいるけど、自分から心をオープンにして打ち明けられないのか。どっちですか?

多くの人は「相談する人がいない」という場合、たわいない話ならできるが、深刻な話は相談できないというケースが多いのではないでしょうか?

つまり、本当に相談する人がいないのではなくて、自分の心のブロックがあるせいで、相談できないということになっていませんか?

もしかしたら、自分の内面をオープンにしたらバカにされたり、嫌われたり、変に思われるんじゃないかと不安になって、結局相談できない、という状況かもしれません。

相談する人がいない人の特徴

完璧主義で責任感が強い

自分が何とかしなければいけないと頑張りすぎたり、一人で悩みを抱え込みがちです。人をもっと信頼することが必要かもしれませんね。

甘えるのが苦手

人に頼ったり、甘えるのが苦手な人が多いです。自分のことは自分で何とかしなくちゃいけないと思っていませんか?人に助けを求めることは、悪いことではありませんよ。

相談する人がいない

深刻な悩みは専門家に相談したほうがいい3つの理由

ただし、何でもかんでも、人に相談すればいいってものでもないんです。

カウンセラーの立場から言うと、深刻な悩みは人に相談するより、カウンセラーやその他の専門家に相談した方がいいです。

なぜ深刻な悩みは専門家に相談したほうがいいのか。

①悩みが深刻な場合は、友達にしたとしても、おそらく解決できないからです。

そして、解決できないことを相談してしまうことで、相手の人との関係が悪化してしまう可能性が高いです。だから日常的なたわいない話に留めておくことのほうが、賢明といえるでしょう。

②専門家に相談することで、悩みが解決するから。

誰にも相談せずに、溜め込む状態が続くと、うつ状態になり、心身共に疲労してしまい、健康に良くないです。

③カウンセラーに相談することで、心が解放され、人間関係においてストレスが減る。

誰にも相談できないというのは、他人との間に壁を作っているようなものです。その壁を取り除くことで、人間関係における本来の楽しさや喜びなどを味わうことができます。

相談する人がいない

相談する人がいない場合の対処法

もちろん、そうはいっても、本当に相談する人がいないというケースもあるでしょう。

しかし、少しでも自分をサポートしてくれる人というのは、大事にしたいものです。

そこで相談する人がいない場合、どうしたらいいのでしょうか?

  1. カウンセラーやセラピストに相談して、心の問題を解決する
  2. 自分で気持ちを吐き出す

まずは、カウンセリングで自分の心のブロックを外していくことです。

すると他人に対してオープンになれるので、人間関係で自分の在り方が変わってきます。

すると、今までは、相談するのに抵抗があった人に、自然と心から楽しい会話ができたり、新しい出会いにワクワクして行動できるようになります。

今まで心をオープンにすることができなかった人が急にそれをするのは難しいので、カウンセラーに相談するのがいいと思います。

相談する人がいない

相談することで人生が劇的に変わる!

相談することができないってことは、何度もお伝えしているように、心をオープンにすることができない状態です。人を信頼することが難しい状態です。

本当の自分をさらけ出したら、嫌われるとか、批判されるとか、思っていませんか?それはあなたの思い込みでしかないのです。

狭い世界で生きていると、世の中がネガティブに見えてしまいます。

  • 本当はもっと甘えてもいい
  • 本当はもっと他人に頼ってもいい
  • 本当はもっと弱音を吐いてもいい
  • 本当はもっと助けを求めてもいい
  • 本当は自分ひとりで頑張らなくてもいい
  • 本当は人生もっと楽しんでもいい
  • 本当はもっと自分の思いを自由に表現してもいい

自分の殻を破って、新しい世界に勇気を持って踏み出されることを願っています。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ