「彼氏の愛情表現がない」とお悩みの人へ

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


尽くす女性になっていないか?

「好かれたい」「相手にわかって欲しい」という思いが強すぎるとうまくいかないですね。特に恋は盲目と言われるように、相手を美化しすぎている状態だと、相手に自分の心を満たしてもらいたいという思いが先行してしまうのです。

だから相手に興味を持って、相手の話を聴くということがおろそかになってしまうのです。そうなると、心が通い合わないから、うまくいかないのです。

相手に心を満たしてもらおうとしている時って、押し付けがましくなったり、期待しすぎたり、イライラしたり、物足りなかったり。

そして「思ったようなリアクションをしてくれない、愛されてる感覚がない」と悩んでしまいます。

問題はそういう相手を選んでいるということ

なぜそんな人を好きになるのか!?

その人を好きになることでメリットがあるからです。

さばさばした人が好きなのは、その人と居ると自分が言いたいことを言いやすいから。

他の人は気を使うけど、その人ならあまり気を使わなくてもいい。これって普段気を使う女性にとっては大きなメリット。だから好きになる。

言いたいことを言いやすいというのと、相手とコミュニケーションが取れているとは別問題。

心に余裕があるかどうか

言いたいことを言いやすいから好きになりやすいんです。ところが、心に余裕がないと、「好かれたい」「自分のことをわかってほしい」という思いが先行してしまって、相手のころがおろそかになる。

そうすると、ガツガツした恋愛になる。必死になる。

必死になればなるほど、相手は窮屈に感じる。だからうまくいかない。

心のブロックを外すこと

なぜ恋愛で必死になるのか、なぜ相手に尽くしてしまうのか、なぜ恋愛でガツガツしてしまうのか。

それは、相手に尽くさないと愛されない、ありのままの自分では認めてもらえないということが根底にあるからです。

そして、それらの思い込みは幼少期に作られて、それ以来ずっと心の奥底に染み付いているのです。

ありのままの自分でOKなら、尽くさなくてもいい。

ありのままの自分にOKを出せたら、尽くさなくてもいいので、愛情表現の少ない人を好きになりにくいのです。

自分の内面と向き合い、心の問題を解決した時に、今までと好きになる人が変わるでしょう。

現実を作り出しているのは自分。だから、自分が変われば、選ぶ相手も変わってきます!!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

カウンセリングの詳細はこちらへ

「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

0148自分のやりたいこと2

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ