ワクワクした気持ちを取り戻す、ある方法とは!?

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


何がしたいかわからない人の、よくある声

A さん
毎日仕事にやりがいを感じないなぁ。かと言って、他にやりたい事もないしなぁ。自分に合う仕事って何だろう。

B さん
休みの日も特にすることないし、自分が楽しいと思えることが、全然ない。何か楽しいことないかなぁ。

と、思ってないですか?

もしかしたら、本当に自分のやりたいことをまだ見つけていないかもしれないし、楽しいと思えることにまだ出会ってないかもしれません。

限りある時間の中で、一生の内に、一日の内に、できることは本当に限られています。そういう意味では、まだ知らない未知の世界は山のようにあるといってもいいでしょう。

だから、自分のやりたいことや楽しみに、まだ出会っていないんだ!と思われるかもしれません。

でも、何がしたいかわからない人の問題はそこではないです!

つまり、楽しいことや、やりがいのあることに出会っていないことが問題ではないのです!もっと大事な問題が別のところにあります。

“自分のやりたいことにまだ出会っていないからワクワクしない”ではない!!

世の中には、自分のやりたいことを見つけて、毎日ワクワク人生を楽しんでいる人がいます。一方で、何がしたいかわからずに、モヤモヤ気分が晴れずに毎日を何となくやり過ごしている人もいます。

毎日ワクワク充実して楽しんでいる人と、充実感がなく何がしたいかわからない人は、一体何が違うのでしょうか?

毎日ワクワク人生を楽しんでいる人にとっては、楽しいことはいくらでもあるし、やりたいことが沢山あります。夢や目標もあります。それに向かって取り組むことが楽しいのです。

一方で何がしたいかわからず、モヤモヤしながら毎日を過ごしている人は、夢や目標がなかったり、ぼやけています。そして、何となく生きて、「私の人生これでいいのかな?」と悩んだりします。

その違いは一体何でしょうか?

それは「楽しむ力」があるかどうかの違いです。

B さん
えっ、楽しむ力!?何それ?そんなの私にはないかも。。。でも、楽しむ力ってどうやって身につけるの!?
大城カウンセラー
安心してください。楽しむ力は誰にでもあります。自分の心と向き合えば、楽しむ力は着実についてきますよ!!

7553cfdaae3743363915d959f999e838_s

何がしたいかわからない人は〇〇〇を身につけると世界は輝いて見える

楽しむ力、言い換えるなら、好奇心があるかどうかです。

好奇心があれば、やりたい事や楽しいと思えることに出会える確率がグンと高まります。いや、むしろ、やりたいことや楽しいことはいくらでもあると思えるのです。

それは心の在り方が非常に大きいのです。ストレスで常に不安な状態だと、例えば、ご飯を食べても味気なく、何を食べているかわかりません。

逆にストレスが少なく、心が解放されていると、同じものを食べても、美味しいと感じるし、有難みを感じるものです。そして、幸せを感じ、心が満たされます。

すると、例えば、「こんな美味しいものを、自分も作ってみたい。どうやって作るんだろう?」とレシピを探すかもしれません。あるいは、料理教室を探して、通ってみようと思うかもしれません。そこで、みんなと一緒に料理をすることがとても楽しいと感じるかもしれません。

おわかりでしょうか?

何がしたいかわからない人は、自分のやりたいことに出会っていないことが問題ではないのです。楽しむ力が低下していることが問題なんです。

544931630e5d352d556073c7a7cff75a_s

ワクワクした気持ちを取り戻し、楽しむ力をつける2つの方法

①楽しむ力を身につけるには、“感性や五感を磨くこと”が必要

まずは自然の中に行って、自然に触れてみてください。余計なことは考えずに、ただただ、目の前の自然に浸ってください。そして、癒されてください。

何も特別なことはしなくていいです。簡単にできることでいいです。

  • 公園のベンチに座って、心地いい風邪を肌で感じながら、子供たちが遊んでいるのを眺めてみるのもよし。
  • 川沿いを散歩して、身体を動かす心地よさを感じるもよし。
  • 好きな音楽や心が安らぐ音楽を聴くもよし。
  • 美味しいものを食べにいくもよし。

仕事と家の往復で、家に帰ったら、別に見たくもないテレビをBGM代わりにつけている場合じゃないんです。もっと心を感じること、感情を味わってみる、ということが大事なんです!!

②心理カウンセリングを受けることで、本来望んでいる生き方をすること

ストレスによって凝り固まった心をほぐしていくことで、心が柔軟になり、人生を楽しむ力がついてきます。

ストレスを抱えやすい生き方が変わり、日々のストレスが減ることによって、楽しむ力が高まります。

「何がしたいかわからない」というのは、ある意味で、今の生き方を見直しなさいという身体からのメッセージでもあります。何がしたいかわからないのは、本来望んでいる生き方になっていないことによる、「症状」と言ってもいいでしょう。

逆に、本来望んでいる生き方ができてくると、楽しむ力が出てきて、自分のやりたいことが自ずと見えてきます。

お客様の喜びの声

PhotoGrid_1460627978068

リラックスできない原因がわからなかったのが、カウンセリングによって、身体と心が求めていたリラックス感が出てきたように思います。本当の声を出してもらえたことで気持ちが楽になり、エネルギーが湧いてきました。

【奈良 女性】


大城さんのカウンセリングを受けてから、凄く嬉しくなり、久しぶりにワクワクした感覚を取り戻せました。本当にやりたいことをやるとここまで生活楽しくなるんだなぁと実感。生き返った気分です

【京都 女性】


大城さんにカウンセリングをしてもらったおかげで、自分の心がどう感じてるかを、ちゃんと聴いて、人に伝えれるようになったっていうのを、すごく感じるようになりました。本当にありがとうございました。

【兵庫 女性】


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

カウンセリングの詳細はこちらへ

「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

0148自分のやりたいこと2

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ