最短で変化を起こすカウンセリングの受け方

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


カウンセリングを受けたことがない方は、

どんなことをするのかもわからないでしょうし、

初対面のカウンセラーに悩みを打ち明けることに

抵抗があるかもしれません。

最初は言える範囲のことから、

お話されることが一般的です。

 

どういった経緯でカウンセリングを受けようと思われたのか、

カウンセリングにどのようなことを期待されているかなど、お伺いしています。

カウンセリングを受ける際は、あまり難しく考えずに

受けていただいて大丈夫なのですが、

次にお伝えするカウンセリング受け方、

心構えのようなことを意識されると、

効果が一層感じられやすくなります。

 

・カウンセリングに対する協力的姿勢

・自分の内面をじっくり味わう姿勢

・諦めない姿勢

 

①カウンセリングに対する協力的姿勢

カウンセリングは手術ではありません。

例えば、医者が何らかの手術をする際、患者は受身の状態です。

手術が成功するどうかは、医者の技量かかっているといえます。

ところが、カウンセリングはカウンセラーが一方的にアドバイスをしたり、

カウンセラーが1人で相談者の悩みを解決することはできません。

つまり、「カウンセラーが何とかしてくれる」

という姿勢では悩みは解決できないのです。

カウンセラーと一緒に悩みを解決していくんだ、

問題解決に向けて一緒に考えていこう」という姿勢が大事になります。

 

②自分の内面をじっくり味わう姿勢

悩みの答えは相談者の中にあります。答えは外にはありません。

「あの上司が悪い、親が悪い、子どもが悪い」と

周囲を責めたくなる気持ちはわかりますが、

残念ながら、どんなに他人を責めても、

他人を変えようとしても、悩みは解決しません。

自分の考え方や行動が変わらない限り、悩みは解決しないのです。

 

だから、つらい状況の中で、何を感じ、

どのように考えてしまうのか、

今どんな気持ちなんだろうか、というように、

自分の感情や思考や感覚にどれだけフォーカスできるか、

どれだけそれらをじっくり味わうことができるかが大事になります。

 

早く解決したいと焦れば焦るほど、逆に時間がかかります。

一見矛盾しているように思われるかもしれませんが、

早く解決したければ、自分が今何を感じているかを

ゆっくり丁寧に味わうほうが、

結果的にカウンセリングの効果が早く現れます。

 

③諦めない姿勢

当ルームのカウンセリングは、対話だけでなく、

ヒーリングをおこなったりします。

例えば、アロマを嗅いで頂いたり、

カードの絵柄を見て頂いたりすることがあるかもしれません。

キネシオロジーであなたに必要なことを

身体に聴きながらカウンセリングを進めます。

 

その際、「こんなことで気分が楽になるのか、

こんなことで悩みが解決するのか」と疑いながら

カウンセリングやセラピーを受けるのと、

カウンセラーを信じてやってみよう、

悩み解決のために今これが必要なんだ」と思って受けるのでは、

効果に雲泥の差が出てきます。

 

投げやりにならずに、絶対に良くなると信じて、

諦めずにカウンセラーと一緒に取り組む姿勢が大事になります。

 

以上3つのポイントを挙げましたが、

これらを意識されることで、

カウンセリングであなたの悩みが

解決するスピードは格段に上がります。

カウンセリングを受けようか迷っておられる方は、

ぜひこの3つのポイントを意識してみてください。


「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ