カウンセリングがうまくいくための条件


カウンセリングを受ける前にお読みください。

この記事はカウンセリングを受ける前に読んでいただきたい、重要な記事です。この記事の内容を意識していただくことで、カウンセリングが最大限の効果を発揮します。

そして、あなたの悩みを解決できる確率がグンと上がります。カウンセリングがうまくいくか、なかなか進まないかということは、この記事で述べていることにかかっているといっても過言ではありません。

では、カウンセリングがうまくいく為には、次の3つ大きく影響します。

  1. カウンセラーの力量、技量
  2. カウンセラーのクライアントに対する共感力と応援力
  3. クライアントのカウンセリングに対する心構え

AとBはカウンセラー側の要因です。だからこそ、私は日々それらを高める努力をしています。

ここでご理解していただきたいのは、Cです。Cはクライアント側の要因となります。このCが非常に重要になります。つまり、クライアントさんに意識してもらいたいことなので、もう少し詳しく述べますね。

と言っても、そんなに難しいことではありませんのでご安心ください。

 

⇒クライアントのカウンセリングに対する心構えとは何か?

①「何が何でも悩みを解決したい」「悩みを解決して人生を変えたい」という強い気持ちがあるかどうか

カウンセリングは楽しい話ばかりではありません。むしろ悩み事を話して頂くわけですから、自分の心と向き合う必要があります。それは自分が直面したくない部分、見たくない部分を見ることが多いです。

それでも「悩みを解決したい」「問題を乗り越えたい」という気持ちがあるかどうかが非常に大事になってきます。ただし、そこを乗り越えると必ず幸せが待っています。ですので、一人で向き合うわけではなく、カウンセラーがサポートして支えますのでご安心ください。

②他人を変えるのではなく、自分自身が変わるという意識

カウンセリングは自分が変わるためのものです。カウンセリングでご家族や職場の人など他人(の気持ちや考え、行動)を変えることはできません。たとえ、ご家族や職場の人に問題があったとしても、ご自分が変わることで問題を解決していきます。

「カウンセラーさん、親が問題なので、親を説得してください。」と言われても、それはできないし、根本的な解決にはなりません。根本的な解決とは、ご自身の生き方が変わることです。カウンセリングでは、ご本人の生き方が変わるようにサポートしていきます。

③カウンセラーと一緒に問題解決に取り組むという姿勢

カウンセリングはカウンセラーとクライアントの協力関係が必要です。「カウンセラーさん、何とかしてください」と問題を丸投げされても、カウンセラー一人がいくら頑張っても、クライアントの協力なしには問題は解決できないのです。

以上クライアント側の3つを意識していただくと、かなり高い確率で悩みを解決できると確信しています。それだけの良質なカウンセリングは提供できると確信しています。

それでは当日お会いできることを楽しみにしております。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ