僕らは誰かに背中を押して欲しいんだよね


カウンセリングをしていて思うことがあります。僕も以前カウンセリングを受けていたことがあるし、コーチングを受けたこともあります。

自分の体験談も含めて、書いてみます。

自分の思いを誰かに聞いてもらって、「それは大変だよね」「しんどいよね」って、気持ちをわかってもらいたいし。

「本当はこんなことしたい」と言った時に、「それ素敵」「すごくいいじゃん」「絶対できるよ」って言ってもらえると、とてもテンションあがるし、本当にできそうな気がするし、そうやって行動に移していくことができるんです。

誰かに気持ちを受け止めてもらって、励まされて、応援されるって、実はものすごく力になるってことです。

カウンセラーやコーチの存在意義

自分一人の考えって、小さいんです。

自分は自分のことを大したことないと思っていて、何かにチャレンジしたくても、うまくやる自信がなくて、結局諦めてしまうってことが、自分一人だと起こり得るんです。

それがカウンセラーやコーチのサポートがあることによって、自分って本当はもっと可能性を持っているし、チャレンジしたっていいじゃんって思えるようになるってことです。

それって、自分一人じゃ出てこないし、動けないんです。それがカウンセラーやコーチによって自分のモノの見方が変わるんです。

他人の力を借りると、自分一人じゃ立ち向かうことができなかったことに、立ち向かうことができるようになるんです。

一人で悩んで立ち止まって動けない人は、ぜひカウンセラーやコーチを頼ってみてはいかがでしょうか?


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ