カウンセリングで悩みが解決する人と、解決しない人の違いとは!?


カウンセリングで悩みが解決する人と、解決しない人はどう違うのか?

カウンセリングしていると、その特徴がわかります。

カウンセリングで悩みが解決する人

それは、解決したいという気持ちが、本気の人です。

「解決したらいいな」

ではなく、

「何が何でも解決したい」という気持ちがある人は、変わります。

言い換えるなら、カウンセリングやカウンセラーをどれだけ信じられるか、ということです。

もちろん、カウンセリングって目に見えないことなので、

  • いまいち信用できないとか、
  • 本当に解決するのかなとか、
  • 今までカウンセリングを受けたけど解決しなかった、

とか色々な事情や先入観を持っておられるので、仕方ないのですが。

  • お金を費やして、失敗したくないとか、
  • 傷つきたくない、
  • 後悔したくない

という理由もあるでしょう。

あるいは、

  • 自分の見たくない部分を見る勇気がない、
  • チャレンジする勇気がない

という理由もあるでしょう。

カウンセリングで変わる人というのは、そんな諸々の不安や恐れを持ちながらも、それでも自分を変えたい、人生を変えたいという強い思いを持っているひとです。

自分を変える覚悟が出来ている人は、カウンセリングを受けると、ちゃんと変わります。

変わる覚悟があれば、カウンセリングも協力的ですので、カウンセラーの質問に対して積極的に考えたり、感じたりしていただけます。だから結果が出ます。

カウンセリングを受けて解決しない人

次のような人は、カウンセリングを受けても変わらないでしょう。

  • カウンセリングは魔法のような特効薬だと思っている
  • カウンセラーがアドバイスをくれると思っていて、自分が変わる気がない
  • カウンセリングでは解決しないと思っている

カウンセリングで本当に効果が出るのかどうか?

このような質問をされることがあります。

カウンセリングで効果が出るかどうかは、当ルームに限って言うなら、カウンセリングの内容自体が問題ではないんです。

カウンセリングで本当に効果が出るかどうかは、

  • 本当にやる気があるか
  • 問題を解決したい気持ちがあるか
  • 自分を変える覚悟があるか

というところにかかってくるんです。

それさえあれば、普通にカウンセリングをすれば悩みは解決するでしょう。それだけカウンセリングには自信を持っています。

臨床心理士などによる、傾聴カウンセリングや認知行動療法とは全く違います。

なので、カウンセリングの内容よりも、カウンセリングに対するお客様の心の持ち方やモチベーションの方が圧倒的に大事なんです。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ