自分を大切にするってどういうこと?

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


よく心理学や自己啓発、カウンセリングの本を読むと、自分を大切にしましょうって書いてあったりします。

 

自分を大切にするってどういうことなんでしょうか?

 

これって正しい答えってないように思うんです。その人にとって何かってことなので。

 

ただし、カウンセリング心理学の視点で私なりの意見を書いてみますね。

 

自分を大切にするって、自分の身体の感覚とか、自分の心の声とか、自分の本心などを大切にすることだと思います。

 

例えば、スーパーで何か食べ物を買う時でも、「欲しいな~」でも「ちょっと高いからやめておこう」ってなったりする時ってないですか?

 

会議で意見を言いたいけど、人に悪く思われそうだから、発言を控えておこうとか。

 

新しいことにチャレンジしたいけど、自信がないし、失敗したらどうしようと思ってチャレンジできないとか。

 

要は「〇〇したい」けど「やめておこう」っていうとき。「〇〇したい」というのが本音ですよね。この本音の部分を大切にすることが自分を大切にするということと繋がるのではないかと思います。

 

人は本心に従って生きていると、悩まないです。それを何らかの理由で制限を掛けるとき、悩みます。

 

つまり、本心では何を感じているのか。まずここに気づくことです。

 

いい感じなのか、嫌な感じなのか。居心地がいいのか、居心地が良くないのか。

その本心に気づいた上で、それをどう扱うかということです。

 

本心に気づいたら、本心に従って行動するという選択をするのか、行動しないという選択をするのか、自分で選択できると、何となくやり過ごしている時と、ストレスの度合いが全然違います。

 

カウンセリングで行うことは、まずあなたがどう感じているのか。それを確かめながら、感じるところから始めます。

その上で、本心で感じている部分を、どういった形なら表現できるのか、実現できるのか、ということを考えていくことが多いです。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ