自分の人生を生きるカウンセリング

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


自分らしく生きると心は軽くなります。

でも、自分らしくって何?って思いません?

カウンセリングの相談で比較的多いのが、他人の人生まで背負い込んでしまうということです。

他人の人生が自分の責任にあるかのように思ってしまうのです。

例えば、

  • こんなことを言ったら傷つくんじゃないか。
  • 自分が助けてあげないと相手はやっていけないだろう
  • 自分の気持ちを伝えたら、相手が悲しむんじゃないか
  • 相手を助けないと、罪悪感を感じてしまう。
  • 相手を放っておけない。

こいういうことって、相手に注意が向きすぎてしまっていて、自分のことが二の次になってしまっているんですね。

これって、自分らしく、自分の人生を生きている状態とは言えないかもしれない。


カウンセリング界では有名なゲシュタルトの祈りという詩があります。

 

私は私のことをする、あなたはあなたのことをする。

私はあなたのために生きているわけではないし、 あなたも私のために生きているわけではない。

あなたはあなた、私は私。

もしも、お互い出会うことができたら、それはすばらしいこと もし出会えなくても、それはしかたのないこと。

Frederick L.Pearls

(フレデリック・S・パールズ)


 

この詩は人間関係の距離感を実に見事に表しています。

相手が困っているから、相手が困るだろうから、私が我慢しなければいけない。という構図ではなく、

 

自分ができることをする。自分ができる範囲で助けてあげる。

 

そして、相手には相手の人生を生きてもらうこと。相手を信じること。

この辺りの距離感を適度に保つことがカウンセリングで扱うことです。

 

そして、自分の人生は、相手を助けるための人生ではない、ということを再認識して、自分の本当に望むことをする、そこにエネルギーを注ぐと、生きる活力が出てきますよ。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ