仲間に溶け込めないというお悩み

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


  • 人付き合いが苦手
  • 本音を話せない
  • 自分の意見を出せない
  • グループ活動が苦手
  • 飲み会などは極力参加したくない

このようなお悩みはありませんか?

 

仲間に溶け込めないなら、無理に溶け込まなくてもいいと思いますが、仕事でどうしてもチームで動いたり、飲み会によく誘われて断れずに参加して、居心地が良くないことが多々あったり、友達関係で気を遣うとか、あると思うんです。

 

基本的には無理に溶け込む必要はないと思いますし、集団行動が苦手なら個人的な関わりを増やせばいいと思いますが、できるならもっと集団でのストレスを減らして、人付き合いを楽に過ごしたいと思われるかもしれません。

 

そもそも、なぜグループに溶け込むのが苦手なのか。

 

ここであなたに質問します。

 

幼い頃の家族関係ってどんな感じでしたか?つまり、仲の良い家族でしたか?

 

 

それとも、両親の仲が悪く、家族がバラバラでしたか?

 

実は幼い頃の家族関係が、現在の仲間に溶け込めないことと大きく関係していることがあります。

 

両親が仲良く、そして、子どもの気持ちを汲んでもらい、一緒に楽しく過ごせたなら、大人になって集団の中にいてもそれほど苦痛を感じないのです。

 

なぜなら、家族という集団で自分の思いにしっかり耳を傾けてもらい、自分ことを尊重してもらえると、集団に対して良いイメージが持て、自己主張してもいいと思えるからです。

 

逆に家族の仲が悪く、家族がバラバラだと、集団に対して良いイメージが持てないし、自分なんか居なくてもいいやって思うかもしれません。集団で何かに取り組んだり、一緒に楽しむという経験がないのです。

 

それが成長してからも、そのパターンが続くので、仲間に溶け込めない可能性はあります。

 

では、どうしたら、仲間や集団に溶け込むことができるか。

 

カウンセリングで自分に自信が持てるようになり、自己主張してもいいんだ、と思えるようになることです。

 

自分の意見は聞いてもらえないという思い込み、自分の意見は大したことないという思い込みを外す必要があります。

 

その上で、スモールステップとして、集団に馴染むために、まず何ができるかを一緒に考えます。

仲間と一緒に楽しんだり、何かに取り組めると、人生がより豊かになっていきますよ。


「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ