トラウマ(PTSD)のカウンセリング

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


当ルームにもトラウマが原因でうつ状態になられて、ご相談に来られる方がいます。

トラウマとは心の傷つきである

トラウマ(PTSD)とは、衝撃的なストレスによってできる心的外傷のことで、平たく言うなら、「心の傷」のことで、後になっても何かのきっかけで、その出来事を思い出して苦しくなるフラッシュバックが起こります。
例えば以下のようなことがあります。

  • 児童虐待(幼児虐待)
  • 性的虐待
  • 強姦
  • 犯罪
  • 交通事故
  • いじめ
  • 暴力
  • パワハラ
  • セクハラ

トラウマは長引くと、うつ病や社会不安障害など他の精神疾患を引き起こすことがよくあります。

 

トラウマやうつ病でお悩みの方が来られると、恐怖心やうつ気分をなくしたい。と言われます。

トラウマの恐怖心を完全に無くすことは不可能

ところが、トラウマの恐怖心や、うつ病のうつ気分を100%なくすことは現実的に難しいです。

 

多くの人がとにかく、つらい気持ちをなくしたい、ゼロにしたい。と思われます。ところが、人間の感情を全くなくすことは、現実的に無理があります。

 

確かに、何度も何度もつらい場面が思い出されたり、思うように行動できないのは大変不自由に感じるかもしれまん。

人に近づくことが怖かったり、男性を信じることが出来ないでいるかもしれません。

 

では、トラウマやうつ病は改善できないかというと、そうではありません。

トラウマをカウンセリングで克服する方法

トラウマについてのカウンセリングの方針としては、恐怖心や抑うつ気分を全く無くすのではなく、ポジティブな側面にエネルギーが向くようにします。

 

ポジティブな側面に意識がフォーカスされると、トラウマはあまり気にならなくなります。

 

しかし、最初からポジティブなことを考えましょう。ポジティブなことをやりましょう。と言っても、やはり、トラウマの恐怖心が大きいために、ポジティブな部分に意識を向けることが難しいでしょう。

 

人が信じられないのに、人を信じましょう、と言っても無理です。

男性が怖いのに、男性に近づいても大丈夫、と言っても無理です。

 

したがって、トラウマのカウンセリングでまず取り組むべきことは、過去のトラウマによる恐怖心をある程度癒すことが先決です。それには、カウンセリングで話をしてもらったり、ヒーリングで心と身体を癒すことをします。

 

言葉にすることが難しい場合は、ヒーリングをします。

 

ヒーリングは心、身体、脳を癒す役割があります。トラウマによる恐怖心というのは、記憶に残っているほか、身体の筋肉にも細胞レベルで残っています。したがって、身体の調整をすることが必要です。

 

すると、自然とポジティブな側面に意識が向いてきます。つまり、トラウマが無くなった時、本当はどうしたいのか、ワクワクすることを考えることが、トラウマのカウンセリングのポイントといえます。

【結論】トラウマのカウンセリング

①100%恐怖心を無くすことは現実的に不可能

②まずはトラウマによる恐怖心をヒーリングで癒すことが必要

③トラウマがなくなったとき、本当は何がしたいのか、その先の目標を作り、ポジティブな側面にフォーカスすることで、トラウマが気にならなくなる。


「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ