カウンセリング相談内容

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


<カウンセリングの効果>

○初回カウンセリングだけでも、しんどい気持ちが楽になる

○孤独感が和らぎ、他人からの優しさを感じる

○ダメな自分が好きになり、生きている実感、喜びを感じられる

○自分の意見を言える、人間関係が楽に付き合える

《このような方がお越しになっています》

うつな気分から立ち直りたい。楽になりたい。

家事や仕事ができなくて、自分を責めてしまう。

会社の人間関係が限界にしんどい。

過去の出来事を忘れたい。過去のトラウマを癒したい。

誰かに頼りたいけれど、相談する人がいなくてつらい。

■うつでお悩みの方へ■

初めてカウンセリングを検討されている方は次のような不安があるかもしれません。

  • うつで気持ちがしんどい時、どこに行けばいいのかわからない。
  • 私はうつ病なのか、性格の問題なのかわからない。
  • カウンセリングは効果があるのか。
  • そもそもカウンセリングやセラピーは何をしているのか分からない。
  • 自分のような悩みでカウンセリングに行くのはおかしいのではないか。

うつ改善にカウンセリングは必要不可欠です。

薬で性格や考え方は変えられません。

悩みを根本から解決して、本当の幸せとは何かを一緒に

考えることが、今後の人生に大きな変化をもたらします。

<カウンセリングの価値>

〇心の専門家によるカウンセリングで、心を整理し、心の内面を見つめ、自分を肯定できる。

〇抑えてきた想いや感情を解放し、自分自身を取り戻す。

〇身体(潜在意識)が望んでいることがわかる。

〇生き方が変わる、生き方の軌道修正をする。

 

■主な相談内容■

以下は主な相談内容です。

・うつ病、無気力、楽しくない、絶望感、孤独感、自殺念慮

・睡眠障害、不眠、食欲不振、

・愛想笑い、誰にでも良い顔をしてしまう

・自己主張できない、誘いや依頼を断れない

・失恋、離婚、退職、空の巣症候群、など喪失体験によるうつ病

・原因不明のうつ

・性格改善、性格を変えたい

・自己否定感、自己評価が低い、人目が気になる、自信がない、

・趣味がない、やりたいことがわからない、

・対人恐怖など、恐怖症

・夫婦関係の悩み

・恋愛、パートナーシップの悩み

・子育て、子どもとの関係

・親子関係のストレス

・依存症(ギャンブル・インターネット・ゲーム・買い物依存・恋愛依存)

・プチうつ病(軽度うつ病)

・アダルトチルドレン(AC)

・病院の検査で問題がないが、体調不良の症状がある

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ