カウンセリングと日常会話の違い

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


カウンセリングとは専門的なトレーニングを積んだカウンセラーにより、対話を通して心の悩みを解決する営みであるといえます。

カウンセリングというとカウンセラーが話を聞く。ここだけをみれば、家族や友達も聞いてくれるので同じではないかと思われるかもしれません。もちろん、専門的なトレーニングを受けていなくても、聞き上手な方がいらっしゃいます。

しかし、カウンセリングは日常会話とは全く違います。

【日常会話の典型的な例】

あなた:「もう会社に行くのが嫌だ…」

Aさん:「そっか。でもみんな同じように、嫌なことがあっても、がんばってるんだから、仕方ないよ」

Bさん:「わかるわかる。私も会社に行くの嫌になる時あるよ」

AさんとBさんは日常会話レベルの聞き方です。

これでは悩みの解決にはなりません。なぜなら、AさんとBさんはあなたの話を打ち消しています。

会話がここで終わってしまい、あなたはこれ以上考えることができないのです。これでは援助になりません。

カウンセリングでは心の内側を探求していくことで、本人が気づいていないことに気づくことを促します。つまり、共感しながら質問をしていくことで、普段意識しないことを考えはじめます。

カウンセラーのカウンセリング では、専門的に聴くとはどういうことでしょうか。心の内側を探求するとはどいうことでしょうか。

【カウンセラーの聴き方】

あなた:「もう会社に行くのが嫌だ…」

カウンセラー:「会社に行くのが嫌なんですね。どんなふうに嫌なのか教えてくれますか?」

あなた:「会社の上司がすごく感情的で、それを聞くのがとてもしんどいんです、、、」

カウンセラー:「それはしんどいでしょうね。上司の話を聞いている時、どんなことを考えていますか?どんな気持ちですか?」

このように共感しながら詳細を丁寧に聴いていきます。あなたの頭の中で何が起こっているのか、あるいは、身体はどのように感じているか。つまり、あなたの内側で起こっていることに焦点を当てて話を聴いていきます。

ここで重要なことは、カウンセラーが共感してくれることで、話が話しやすくなるということです。もし、共感されなかったら、「もうこの人には話したくない」と心を閉ざされてしまいます。

だから、私はあなたのことを絶対に否定することはないので、ご安心ください。

あなたと一緒に問題解決に取り組み、あなたに幸せに生きてもらいたいからです。

【結論】

カウンセラーは共感によって相談者を支えながら、質問によって普段考えないようなことを考えてもらい、新しい気づきや発見を促します。問題解決へと導きます。ここがカウンセリングと日常会話の大きな違いです。

プロのカウンセラーに話を聴いてもらい、ご自身の悩みを解決したい方は、一度当ルームのカウンセリングを体験してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ