カウンセリングで悩みの根本原因を解決するってどういうこと?

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


カウンセリングをするにあたって、一般的な傾聴カウンセリングと大きく違うのは悩みの原因を見つけて、それを解決するというところです。

 

傾聴カウンセリングで相談者が話したいことを自由に話すスタイルもそれなりに効果はあります。

  • 話をしてスッキリする。
  • 自由に話すことを繰り返していくことで、主体性が出てきて、自己肯定感が高まる。
  • 内観する癖がつき、カウンセリング外でも自分自身を振り返ることで、ストレス耐性がつく。

ただし、最大のデメリットは時間がかかるということです。数年~十数年単位で取り組むこともあるでしょう。もちろん、その期間中、好不調の波はあるかとおもいますが、一向に悩みが解決しないということもあるようです。

 

なぜ時間がかかるかというと、話を聴くだけだからです。話を聴くだけというと語弊がありますね。プロの聴き方というものがあります。それを持ってしても、時間がかかります。なぜなら、相談者が中心に話が進んでいくからです。これを専門的には来談者中心療法といいます。

 

最近でこそ、様々なカウンセリングが広がってきていますが、公的機関や医療機関でのカウンセリングというと、多くの場合、来談者中心療法です。なぜなら、大学院でそれをメインに教えているからです。

 

逆に、開業カウンセラーは他のカウンセリングを取り入れていることが多いように思います。

 

さて、話を本題に戻します。

 

カウンセリングで悩みの根本原因を解決するということは、相談者が自由に話したいことを話して終わるのではないということです。もちろん、困っていることについて、お話を聴くのは当然ですが、それに終始してしまっては解決にならないということです。

 

プロの専門家として、何が問題なのか、その問題をどう解決していくかということをお伝えしていくことが、はるかに有益ではないでしょうか。

 

なぜ根本原因がわかるのか?

 

一つはキネシオロジーセラピーという潜在意識を活用したカウンセリングを扱っているからです。実はこれが非常に大きいのですが、キネシオロジーについては、別の記事で紹介しますので、ここでは割愛させていただきます。

 

もう一つは、悩みは繰り返されるということです。生き方の癖や性格ってそんな簡単に変わるものじゃないです。多くの場合、今悩んでいることって幼少期から変わってないんです。

 

だから、過去の話を聞いていくとおのずと、その人のパターンが見えてきます。そこに原因があることが多いです。

 

それを知った上で、どうやって解決していくか。それは今までのお馴染みの癖やパターンに気づき、本当はどう生きていきたいのか、という本心の部分を丁寧に聴いて、そこにエネルギーが向かうようになると、今までの生き方が変わってきます。

 

根本原因を解決するというのは、自分の悩みのパターンに気づいて、本当はどうしたいのかという、心の深い部分の声を聴いてあげることです。

 

本当は今の生き方って嫌だよね、でもそれをしてしまうところで、悩み続けているわけですから、「今の生き方は嫌だ」の奥に「じゃあ、本当はどうしたいの?」っていう部分が必ず隠れているので、それをカウンセラーと一緒に探していくことで、悩みは自然と解決しますよ。


「生きるのに疲れた」状態から抜け出す方法

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ