カウンセリングでアドバイスが欲しい方へ

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


カウンセリングを全く知らない、受けたことがない人は、

カウンセラーが悩み解決のアドバイスをくれると

思っておられるかもしれません。

実際、アドバイスをくれるカウンセラーもいます。

ただし、そのアドバイスがどれほど役に立つか、

つまり、アドバイスで悩みが解決するかどうかです。

 

例えば、極端な話。

本音を言えずに悩んでいる人に、

「もっと自分に自信を持って言いたいことを
言いなさい。大丈夫だから。」

とアドバイスをされたらどうですか?

 

それができないから困ってるんだ。

それができたら苦労はしない。

と思いませんか?

 

あるいは、「無理をしなくてもいいですよ。
本音を言えない自分を許してあげてください」

というアドバイスをされたらどうでしょうか?

現実問題、悩みは解決するでしょうか?

何となく、モヤモヤして結局悩みは解決しないのではないでしょうか?

なぜアドバイスで悩みが解決しないのでしょうか?

なぜアドバイスが腑に落ちないのでしょうか?

 

それは、アドバイスについて、カウンセラーが考え出したものだからです。

言い換えるなら、相談者が望んだものとズレが生じているからです。

したがって、カウンセラーがアドバイスをするよりも、

相談者が自ら気づいて導き出した答えのほうが、

はるかにモチベーションが高まり、解決に向けて容易に行動できます。

 

なぜなら、相談者自身が、導き出した答えなので、

腑に落ちて納得するからです。

自分で自分が何を望んでいるかに気づく力がつきます。

すると、人に答えを求めても役に立たないことがわかります。

 

自分で答えに気づけるようになると、自分を頼りに感じます。

他人にアドバイスを求めると、自分には解決する能力がないと

思い込んでしまい、自分が頼りなく感じて、自信がつきません。

自分の内側から答えを導き出すことは、

はじめのうちは容易ではありません。

したがって、カウンセラーと一緒に話し合いの中で、

それが何かを一緒に考えることをします。

これがカウンセリングの役割の一つです。

 

どうしたら悩みが解決できるかわからないという方は、

答えを外に求めるよりも、カウンセラーと一緒に、

自分の内側を探求することで、悩み解決の答えが出てきますよ。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ