インナーチャイルドヒーリング

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


心理カウンセリングや心理療法の中では、インナーチャイルドを癒す、インナーチャイルドヒーリングというのがあります。

インナーチャイルドとは、「内なる子ども」と訳され、幼い頃の記憶や、心の傷つきといわれています。

「我慢しなさい」「言うことを聞きなさい」と感情を表現できなかったり、怒られたり、馬鹿にされりして、十分に甘えられなかった経験はありませんか?

その時に感じた心の傷つき、たとえば、悲しみ、寂しさ、怒り、などが記憶として潜在意識に残っています。そして、その心の傷が癒されないまま、大人になっても引きずっています。

インナーチャイルドはあなたの幼少期の傷ついた潜在意識と考えていいでしょう。

つまり、自分の中の子ども心が満たされていないのです。自由に表現したしたいし、受け止めてもらいたい気持ちが満足しておらず、完了せずに育ったということです。

したがって、社会的に責任のある仕事、家事や育児などを任されるのは相当の重荷になったりします。人間関係が煩わしくなったりします。

ただし、ほとんどの人がこの傷つきを持っています。傷つかずに成長するほうが難しいのです。

インナーチャイルド傷つき度チェック

(インナーチャイルドと仲直りする方法/穴口恵子 より引用)

いくつ当てはまるでしょうか?

1.母親または父親とうまくかかわることができない

2.自分自身や周りの人を信頼できないことがある

3.「わたしは愛されていない」と感じることがある

4.ときおり孤独を感じることがある

5.人間関係を築くのが苦手である

6.兄弟や姉妹とは仲良くできない

7.一人でいたほうが気楽である

8.「自分には価値がない」と思いがちである

9.未来に希望が持てない

10.「生きていても意味がない」と感じることがある

11.周りの犠牲になりがちである

12.ときどき不安や心配で頭がいっぱいになる

13.自分を優先することができない

14.自分の好きなことが何かわからない

15.周りから「いい人」と思われたい

16.自分の本音を周りの人に伝えられない

17.「自分には何かがかけている」と感じることがある

18.「自分には豊かさは手に入れられない」と感じることがある

19.「自分の思い通りの人生を歩けない」とあきらめている

20.自分のことが好きになれない

21.「愛する人から愛されない」と感じることがある

22.人に裏切られることがある

23.「自分には才能がない」と思ってしまう

24.いつも自己批判や自己否定をしてしまう

25.本音で付き合える友人はいない

26.異性といると安心できない

27.異性とはうまく付き合えない

28.恋愛が続かない

29.本当に欲しいものを手に入れられない

30.自分の人生に喜びがもてない

15個以上当てはまった方は、心理カウンセリングで、インナーチャイルドを癒してあげることで、生き方が大きく変わります。

インナーチャイルドが癒されると、他人に対する心の壁が外れ、人間関係で相手に気を遣い過ぎることもなく、安心して心をオープンにできます。なぜなら、自分に自信があるからです。

異性とも心を通わせることができ、恋愛がうまくいきます。人間関係が楽になります。孤独感が薄らぎ、人のやさしさや、人とのつながりを感じることができます。

我慢して抑えてきたあなたのインナーチャイルドの声を聴いて、解放させてあげてください。


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ