何食べたい?って本気でお腹に聴いてみて!

「何がしたいかわからない」で、もう悩まない人生へ|大阪カウンセリングルーム∞ひびき 大城ケンタです。


最近僕がやってることの1つに、

「何が食べたいか?」

を、時間をかけて身体に聴くということをしています。

ご飯でも、飲み物、おやつでも。。。

今まで、食事に関してあまり関心をもって来なかったんです。

  • 家にある物で済ませよう
  • わざわざ買い物に行ったり、食べに行くのもめんどう
  • カフェやレストランでも、食べたい物よりも値段を見てしまったり
  • とりあえず空腹を満たしたり
  • スーパーの出来合いのお惣菜やお弁当を食べたり

でもね、自分でもカウンセリングをしていると気づいたことがありました。

それは

  • 快適な生活がしたい!
  • 心地よい生活をしたい!

これが結論として出てきたんです。

自分が心地よいって感じるものを取り入れたり、

心地よいと感じる活動をするって決めたんです。

その中で、じゃあ食事も見直そうと思って、

自分が心地よいと感じて、自分が喜ぶ食事を心がけるようになりました。

「何を食べたいか」

自分のお腹に聞いてみるんです。

「おい、オレのお腹よ!今何が食べたいんだ?」みたいな(笑)

  • うどん?
  • ラーメン?
  • パスタ?
  • お寿司?
  • カレー?
  • 焼肉?
  • カツ丼?
  • その他。。。

こんな感じで1つずつ自分のお腹と対話する感じですね。

時間をかけて身体に聴いて、

身体が欲している物を選ぶ。

そんなことをしていたら10-15分程かかることもf^^;

で、あれこれお腹に確かめていて、

「これだ!!!」

ってピッタリくるものがあります。

ちなみに、ある日の夏の夕食時。

あれこれ何が食べたいかお腹に聞いて出てきたのが

「ソーメン!!!」

ソーメンって出てきた時の感覚といったら、

「そうそう!!今、ソーメンがめちゃくちゃ食べたい!!!」となって。

この感覚に気づいた時、すごく

しっくり、ピッタリ来るんですよね。

で、実際にソーメンを食べると、めちゃくちゃ心地いいんです♪

身体が喜ぶ感じ!!

で、この自分のお腹に聞くっていうが、食事以外の時も、非常に役立つんです。

人間関係でストレスを感じる時も、お腹や胸など身体がどうしたがってるかを聞くと、自ずとストレスは減ってきます。

まずは食事の時に自分の身体と対話するという癖をつけると、

とっても心地よく、自分自身を生きている感覚になれます。

そしたら、

自分のこと今よりも好きなれますよ!

ぜひ本気出して、自分のお腹に何が食べたいか聴いてみて下さい♪

過食でお悩みの方は、

【京都・奈良】のストレスケアサロン「minatuki」のブログをご覧ください。

ameblo.jp/minyancyu/


カウンセリングの詳細はこちらです

何がしたいかわからない人へ

生きるのに疲れた人へ

恋愛がうまくいかない人のカウンセリング(大阪)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ