何がしたいかわからない人は、探さない方がうまくいく

<このようなお悩みはありませんか?>

  • 何がしたいかわからない
  • やりたいことがわからない
  • 何をしても楽しくない
  • 熱中できることがない
  • 毎日充実感がない
  • 何をしても長続きしない
  • やりたいことリストが書けない
  • やりたいことリストを一応書いてみたけど、いまいち気持ちが乗らない
  • 夢中になって人生を楽しんでいる人がうらやましい

何がしたいかわからないを解決

何がしたいかわからないまま、人生を終えるなんて絶対嫌だ!

心理カウンセリングをしていて、多くの方が悩んでおられること。それが何がしたいかわからない」です。

私たちは、「本当に自分のやりたいことをして、ワクワクした気持ちで充実感を持って、人生を生きたい」そんな根源的な欲求があります。それが叶わないとき、悩み苦しみます。

生きている以上、生きている意味を見出したいのが人間というもの。何がしたいかわからないというのは、言い換えるなら、生きている意味がわからない、生きる目的がわからないと言い換えることができるかもしれません。

何がしたいかわからない状態というのは、ただ何となく生きて、特にやりたい仕事をしているわけでもなく、何となくやり始めた仕事をして、家に帰って、ご飯を食べて、寝て、また仕事に行く。特に趣味もなく充実感のない生活の繰り返し

そんな毎日のまま、楽しみも充実感もないまま一生を終えていくなんて虚しすぎます。もったいない。

何がしたいかわからないという悩みには、ある心理メカニズムがあります。なぜ、何がしたいかわからなくなっているのか。心理カウンセリングをしていると、同じようなことで多くの人が悩んでいます。そこから見えてくる共通点があります。

まずは、何がしたいかわからない状態に陥っているj具体的な原因を見ていきましょう。

「何がしたいかわからない」2つの原因とは!?

①感情がマヒして自分の気持ちがわからない

自分の気持ちがわからないっていうのは、楽しい、嬉しい、心地よい、安心する、満足する、達成感がある、充実感がある、そういポジティブな感情がわからない状態ってことです。

人間には喜怒哀楽があります。でも、喜びがわからない人が本当に多い。「最近楽しかったことって何かありましたか?」って質問すると、答えられない人が多いんです。

本来、人間に備わっているはずの、ポジティブな感情がなぜわからなくなっているのか?

自分の気持ちがわからないのは、特に人間関係において、「我慢のしすぎ」が原因です。

「本当は〇〇がしたい」「相手に〇〇をしてもらいたい」でもそれを言えずに、相手に合わせてしまうと、人間関係は波風立たずにやり過ごすことができます。

やっぱり、嫌われたくないし、ケンカもしたくない。自分が我慢さえすれば、人間関係まるく収まる。そう思っていませんか?特に日本は「我慢しなさい」ってよく言われるし、我慢できない子は良くない。みたいに、協調性を大事にする文化だから、余計に我慢する習慣がありますよね。

ただし、それが繰り返し続くと、自分が本当はどうしたいのかわからなくなってきます。

「何食べたい?」と聞かれて、「何でもいい」と答えてしまうと、自分の好きなものがわからなくなるのと同じです。本来は我慢せずに言いたいことを言ってもいいんです。もっと自分の意見を主張してもいいんです。

だから、「何を食べたいか」そんな取るに足りないことですら、自己主張する必要があるし、自分で決断する必要があるのです。

②マイナス思考により心のブレーキがかかっている

何がしたいかわからない、もう一つの原因は、マイナス思考によるものです。

チャレンジしてみたい気持ちはあるものの、

  • 「私なんてどうせ無理」
  • 「もうこの年でいまさら」
  • 「せっかくチャレンジして失敗したらどうしよう」
  • 「周りの人に笑われそう」

といった、ネガティブな心の声がブレーキをかけて、思うように行動できないことがあります。やっぱり、失敗したくないし、できることなら失敗せずにやりたいって気持ちは、ごくごく自然なことだと思います。

失敗して「ほらやっぱりダメじゃん」「お前なんかにできるわけないだろ」「だから最初から言ったじゃない」って言われたくないし、恥ずかしい思いや悔しい思いもしたくない。

何より失敗した挫折感自己否定感を味わうことになるかもしれない。自分は大した人間じゃないし、何の才能もない、ちっぽけな人間って、そう思うかもしれません。そんなことを考えたら、チャレンジしないことを選んでしまうかもしれません。

もしかしたら、過去に失敗した経験があるかもしれません。新しいことにチャレンジするって勇気もいるし、エネルギーも要ります。自転車の漕ぎ始めが一番しんどい。引越しも、引越しして一ヶ月もすれば落ち着くけど、準備やら手続きやらしていたら、ものすごく労力が要ります。

だから、何か新しいことに取り組むって、なかなか重い腰が上がらないものです。

ただチャレンジしないってことは、食わず嫌いの状態に似ています。食べていないから、その良さがわからないのです。こんなに美味しいものがあるのに、それを食べないなんてもったいないってことがあるかもしれません。

こういう人は、心のブレーキを外して、行動を起こしていくことが必要です。1人でいくら考えてもブレーキって外れにくいものです。だから人間関係を変えたほうがいいです。あるいは、新しい人間関係を作ったほうがいいです。

それは、あなたが何かしたいと言った時に応援してくれる味方を探すことです。見方が1人でもいると、とても励みになりますよ。

何がしたいかわからない人のよくある特徴

カウンセリングをしていると、何がしたいかわからない人には次のような共通点があることが多いです。

  • 言いたいことが言えない
  • 自分を犠牲にして相手を優先してしまう
  • 自分で決めれない
  • 良い顔をしてしまう
  • 断れない
  • 仕事を頼めない
  • 心をオープンにできない
  • 助けを求めることができない

つ ま り 、常にストレスを抱えている状態なんです!!

  • 周りの目を気にしたり、どう思われるかにエネルギーを使っている状態
  • 嫌われたくない、変に思われたくないということにエネルギーを使っている状態
  • 心が伸び伸びしていない、心がイキイキしていない状態
  • 楽しいと感じることにエネルギーが向かっていかない状態

だ か ら、何がしたいかわからないんです!!

何がしたいかわからないで悩まない

何がしたいかわからない人が、本当に自分のやりたいことを探す前にやるべきこと

私たちには生まれながらにして、以下の4つの根源的な衝動があります。

  1. 無条件に愛されたい
  2. 傷つきたくない
  3. 自分を表現したい
  4. もっと成長したい

本来、私たちはやりたいことを見つけて、表現したいし、成長したいという衝動があるのです。

本当に自分のやりたいことがないのではなく、楽しむ能力が低下している為に、見つけらていないだけです!

 

何がしたいかわからない人は、「1愛されたい」、「2傷つきたくない」が強すぎる状態なんです!!

例えば、結婚したいとか、仕事で成功したいとか、それによって周囲から認められたいという動機だとしたら、本当に心から望んでいることじゃないですね。だから、仮に結婚したとしても、仕事で成功したとしても、一時的に周囲に認められることによって満足するかもしれませんが、あくまでも一時的。だって本当に自分のやりたいことじゃないから。

つまり、本当にやりたいことがわかる為には、順序があるのです。

  • 愛されたいけど、愛されない
  • 認めて欲しいけど、認めてもらえない
  • 表現したいけど、傷つきたくない

まずは、このような心の葛藤を解決することが必要です!!

心の葛藤が解決されると、自然と自分を表現したいという衝動が湧き出てきます。もっとうまくやりたい、もっと上を目指したい、成長したい、チャレンジしたい、という自己実現の衝動がでてきます。

その時に、本当に自分のやりたいことがわかります。物事を楽しむ能力が出てくると、自分のやりたいことがわかります。

何がしたいかわからない人へ。好奇心があれば世界は輝いて見える

心が解放されて、自分に自信が出てくると、他人の目を気にすることにエネルギーを注がなくなります。

すると、自然とやりたいことに興味が湧いてきます。

子供の頃を思い出してください。子供の頃って、公園の砂場で遊んだり、ブランコを漕いだり、走り回ったり、鬼ごっこやかくれんぼをしたり、自転車でちょっと遠くまで行ったり、それだけで楽しくなかったですか?

子供の頃って何がしたいかわからないって悩んでなかったんじゃないですか?見る物すべて、やることすべて、好奇心でワクワクしてませんでしたか?時間を忘れるくらい熱中していた経験はありませんか?

何か夢中になれるということは、本当に素晴らしいこと。そして、それは大人になるにつれて、夢中になれることや好奇心がなくなってくるかもしれません。

じゃあ、大人になったら好奇心は無くなるかというと、そうじゃない!!好奇心はあるんだけど、それよりも他にやらなければいけないことや、親や周囲の声を取り入れて育っていく家庭で、好奇心を感じにくくなってるんです。

子供は好奇心が旺盛です。だから毎日が楽しいのです。あのワクワクした感覚を大人になっても取り戻すことができます!!

だから、楽しいことがないのではなく、楽しむ力(好奇心)が低下だけです。そして、それは訓練によって回復します。

何がしたいかわからないというお悩みをカウンセリングで解決

何がしたいかわからないあなたへ。本当に自分のやりたいことを見つけるために。

自分でできること

やりたいことを見つけるために、自分で取り組めることです。

  • 好き嫌いを意識的にする
  • 人任せにせず自分で選択をする
  • Yes,NOをハッキリさせる
  • 自然に触れて心を癒し、感性を磨く

つまり、最初にすべきことは、やりたいことを探すことではありません。新しい仕事や趣味を探すのは一番最後。まずは、自分の軸をしっかりと持って、主体性を取り戻すことです。そして、感性を磨くことです。感謝する心を持つこと。感動する心を持つこと。だから、心地よい感覚や感情をじっくりと味わうことが必要です。

じゃないと、本当に何がしたいのかわからないからです。本当にやりたいことがあったとしても、それに気づく感性があるかどうかです。まずは、心を柔軟に、そして豊かに感性を磨くことが第一歩です。

一人では取り組みが難しい方のためのサポート

 

何がしたいかわからない人は、①まず我慢することをやめて、自分に正直に、思ったことを言うということが必要です。それによって自分に自信がついてきます。②それと、自分にはできないという思い込みを外すことです。

でもこれって一人で取り組むとなると、かなり難しいです。だからカウンセラーと一緒に取り組むことで、それらを解決することができます。カウンセリングに興味のある方は、下記リンクをクリックしてください。

何がしたいかわからない人のカウンセリング詳細

何がしたいかわからない人必見

このページの先頭へ